PHD←意味が分からない方は華麗にする〜で

  • 2014.11.11 Tuesday
  • 16:09
Princess Hours Day 2014、略して、PHD。
これの意味が分からない人には、まったく面白くもなんともない、いつも以上に、いやこれ以上ないだろうってくらいの自己満足に終始した記事を書きますので、スルーしちゃってください。



ずっと各作家さんのお部屋を巡っておりますと、かなり以前から続けていらっしゃる方とか、ほぼ放置状態になっている方とかいらっしゃる訳ですが、そういうスタートの早かった方のお部屋には、かなりの確率で『PHD』の書庫があるんですよね。
私がお話を求めて巡り始めた時、この『PHD』は、第12回を持って終了していたんですよ。
それが、約3年ぶりに第13回が開催されることになって、読み専の私でもちょっと楽しみにしていたんですよ。

もちろん、楽しいのは楽しいんですが、なかなか巡るのも大変かもとは思ってまして。
1話完結とか、数話あっても全話掲載済みって所はいいんですが、普段お邪魔していないお部屋の場合、続きが上がった時に分からなくなりそうで。
まあ、それの対策は一応、施したんですが。
せっかくのお話も中途半端に読んでたら、面白くないし、勿体ないですもんね。
逃さないようにどうしようかとちょっとばかり、骨を折ってみましたわ。

それにしても、エントリー初日で30以上は上がっているので、やはり時間はそれなりに掛かりますね。
まあ、初日が一番多いと思うので、一応、今現在上がっているのは全部既読したから、大丈夫かなって思ってますけど。
Yahooブログのランキングでも、上位につけているブロガーさんも何人もいて、相変わらず人気のある作品なんだなぁと思いますわ。
昨今の政治事情により、なかなか肩身の狭い思いをされているファンもいるかもしれませんけどね。
肩身が狭いと言うか、さみしく思っている方はいるようですが。
私はあんまり、そこまでどっぷりではないのでね。

それはともかく、今日から8日間、まだまだ楽しめそうです。


 

さくら 桜 サクラ

  • 2013.04.02 Tuesday
  • 10:24
私の地元で一番の桜の名所で写真を撮ってきたので、ご紹介
今回の写真はサムネイルにしなかったので、これ以上拡大でしません。


市の中心部を流れる川沿いの桜と菜の花。




この川沿いの途中から市の中心部、市役所方面に向かう道路沿い。



上の道路から市役所裏に続く道(通年で自動車乗り入れ禁止)。



市役所裏。
このあたりだけ、出店があり。



まさに満開でしたが、市役所周辺は、散り始めでもありました。



以上の場所は、夜間ライトアップもされているので、夜桜見物している人も多いです。
今日は、雨予報なので、花散らしの雨になりそうです。








面倒なんだけど・・・

  • 2012.10.02 Tuesday
  • 20:09
リビングに物入れがあってさ。
こんな感じでね。
で、ただ今、この中にどうやって無駄なく、物を納められるか、思案中です。
まあ、上段はほぼ決まっていて、あと、2つ3つ、必要なモノを買い足せばいいんです。
今は下段でいろいろと考えを巡らせているところなの。
と言っても、こちらも大体は決まっていて、ただ、そこに寸法のあう収納グッズが見つかるかどうかってところで、ホームセンターに行ってみて、いろいろとアイディアの種を探してきました。
ん〜、まあ、なんとかなりそうですが、一応、間取り図のようにちょっと図面にして配置を考えようかと思ってます。
まあ、パズルみたいな気がしてきましたけどね、この作業。
さて、下段の奥に、コミックラックを入れてみまして、これが、自分で組み立てる商品でしてね。
ちょうどいいサイズのがなかなか見つからなくて、やっと見つけたのが、アイリスオーヤマのネットショップ。
そこで、6点も頼んじゃったよ。
で、全部、自分で組み立て。
面倒だよね、これがさ。
ものぐさだし、私。
でも、実は案外、好きだったりするんです、組み立て。
とっかかるまでが面倒に思えるだけで、やり始めると一気にやっちゃいます。
まあ、迷わない限りは、ほとんど取説を見なくても出来ちゃうし。
カラーBOXなんて、朝飯前ですよ。
ああ、ちなみに、アイリスオーヤマのまわし者ではないですが、カラボを使ってちょっと組み立て家具みたいにしようと思うなら、アイリスオーヤマのカラボがおススメですよ。
ちょっと値段は上がっちゃうけどね。
木ねじが使えるからね。
板が合板なのは当然だけど、中がスカスカだと、ねじとか釘とか打てないじゃない。
その点、アイリスオーヤマのカラボは、スカスカの合板じゃないからさ。
その分、重いけどね。
カラボに何も手を加えないで使うのなら、安物で十分です。

なんて書くとちょっと分かるかもしれませんが、面倒なので凝らないけど、DIYとかも好きなんですね。
中学1年の家庭科で木工があったんだけど、嬉々としてやってましたからね。
まあ、道具やら材料や揃えるのも面倒だし、と思ってやらないけどさ。
でも、道具なんて貸してくれるホームセンターもあるし、父がそういうことが好きな人なんで、実家に行けば道具が揃っているんだよね。
でも、とっかかるまでがダメなのよ、私の場合。
フットワークも腰も重いから。
組み立て家具は、とりあえず、プラスドライバーがあれば、ほとんど出来ちゃうからね。
便利だ〜。

と言う訳で、見せられるような収納になれば、お見せしちゃうかも。
って、ロクなモノ、入ってないから、やめとくか。


やったね♪

  • 2012.07.29 Sunday
  • 11:20
常々、『宮〜Love in palace〜』のノーカット版やディレクターズカット版が見たいと申しておりましたワタクシに朗報が。
ディレクターズカット版のブルーレイが発売されることになりました〜
ディレクターズカット版DVD-BOXが限定発売されてから、“宮”に出会ってしまった私。
時すでに遅しで、新品で定価以上の値がついている状態で、あきらめましたわ。(貧乏性なのでさすがにもったいない感が・・・)
それがまあ、更に未公開シーンが追加され、これまで発売されたDVDなどの特典も網羅したようなブルーレイBOXという感じで、DVDもブルーレイもただの1枚も持っていない私には、即決で“買い”のシロモノですわ、ははっ。
5枚組で1BOX、計2BOXあるので、合計すると約4万円。
いや、ちょっとイタイけど、なんのこれしき。
まあ、少しでも安く手に入るように、内職、頑張らねば。
ああ、いつから予約開始かなぁ。
出遅れないようにせねば。

それにしても、すでに発売されたDVDなどにはない、さらなる未公開シーンって、DVDとか持っている人には、迷うところだよね。
私も、日本のテレビドラマ版『花より男子2』をDVDで持っているけど、ブルーレイだと最終回に副音声にコメンタリーが入っていて、ちょっと欲しいと思っちゃったもんね。
結局、買わなかったけど。

それにしても、『宮』人気、恐るべし。
なんと根強いことか。
ま、人のこと言えませんが、私はほとんど新参者ですからね。
『宮』歴、短いもん。

ああ、それにしても、ブルーレイの通常版とか買おうかと思ったけど、買わなくてよかったわ。
ん〜、楽しみ。


理想は・・・

  • 2012.07.09 Monday
  • 13:34
昨日の記事。
中身とタイトルが合わないので、タイトルだけ変えました。
中身は一緒よ〜ん。
昔、自分の書く文章がこっぱずかしくて、読み返すなんて出来なかったんだけど、ブログをやるようになってから平気になっちゃって、むしろ、元々の性格からか、誤字脱字とか、昨日みたいにタイトルと内容が合わないとか、そういうことの方が気になるようになり、ちゃんと読み返すようになりました。
ちょいちょい、誤字脱字とか直しているのよ、それなりに。

さて、と。
ちょっと余談から入っちゃったけど、昨日の家具の話をちょいと引き摺ります。

雑誌を見ていると、広告ページありますよね。
ウチ、システムキッチンは、YAMAHAなんですけれど、雑誌で広告を見た時からかなり気に入ってて、今回、家を建てる時、キッチンを選ぶ際に、YAMAHAのキッチンも選択肢に入っていたので、迷わずこれにしちゃったんですよね。
そういう意味じゃ、理想的でしたね。

で、家具とかインテリアとかも当然、理想があったわけですが、こちらの方は結局、そこまで理想を通すよりも実用性で選んじゃいましたね。
という限りは、理想があった訳で、これまた、雑誌の広告で見ていたところで、『NOCE』『MOMO natural』にほぼひとめぼれでしたね。
『MOMO natural』は、かなり好みです、はい。
まあ、今更、家具は買えないので、雑貨だけでも見に行ってみようかと思っているんですけれどね。
名古屋だと確か、ラシックに出店しているはずなので。
『NOCE』は、日野に住んでいた時に、日野店があると知って、めったにそこの前を通ることが無かったんですけど、すっごく行ってみたくてね。
でも結局、行かなかったです。
路面店って、入るのに勇気いるし。
やっぱり名古屋にもお店がありますよ、確か。
矢場町だったかな。

でもまあ、理想と現実は違うもので、それこそダイニングセットなんて、何よりも、椅子の座り心地で選んでますからね。
実際、その椅子に座っている時間が長いし。
ま、そういうモンですよね。

北欧がアツイ

  • 2012.07.08 Sunday
  • 19:54
IKEAとかH&Mとか、北欧企業の日本進出がスゴイらしいですよ。
今月21日には、デンマークの雑貨チェーン“タイガー”が、大阪・アメリカ村に日本初出店するんだそうです。
イメージは、デンマーク版100均だって。
そんな特集を1ヶ月くらい前か、テレビ東京系『未来世紀ジパング』という番組でやってました。
この他にも、スウェーデンの家電メーカー“エレクトロラックス”も取り上げてました。
IKEAも九州に店舗を初めてオープンさせたんですよね。
H&Mも名古屋にも進出してきましたし、定着しつつある企業もどんどんとその規模を拡大しているようです。

ところで、ここだけの話。
実は、こんなことを聞いたのね。
その前述の家具屋さんの家具、どうも長持ちしないんじゃないかって。
私はそこの家具を買ったことが無いので良く分からないんですけど、あれ、自分で組み立てるモノが多いですよね。
それで、まあ、組み立て方が悪かったのかもしれないけどね、って注釈付きながらも、棚が落ちちゃってさ、って言うんだって。
取説も微妙らしいんだけど。(英語だったりするようです)
それで、妹に聞いてみたのよ、どうなんだろうって。
そうしたら、やっぱりそういうモノらしいのよ。
よくそう聞くって。
そう聞いちゃうと、ちょっと躊躇するよね、買うの。
ちなみに、雑貨は買ったことあるけど、別に問題ないし、それこそ消耗品なんて、安いからいいよね。
ま、家具にしても、状況に応じて買うのがいいのかも。
ホームセンターの家具ってレベルで考えるのがいいって話もありますしね。

幸か不幸か、近くにないもので、家具を買う選択肢に入ってなかったんですけど、お値段それなりにしますが、でもお値段だけの価値のある日本の家具もたくさんありますからね。
ウチ、ダイニングテーブルセットは、そこそこいいものを買いましたよ。
だって多分、一生モンだもん。
壊れないでこれから先、30年とか使えるんだったら、高くは無いと思うし。
ま、どう考えるかですよね。

6月9日と言えば・・・

  • 2012.06.09 Saturday
  • 13:27
ロックの日。
音楽のね。
あと、ロックウールの日。
そして、ロックだけに、鍵のロックの日。
ま、予想通り。

しかし、なんと言っても、わが愛するドナルド・ファントルロイ・ダック、通称、ドナルドダックの誕生日
やっぱ、これでしょ。


この写真は、東京ディズニーリゾートのファンクラブ、“ファンダフルディズニー”のファン限定イベントで撮ったもの。
今じゃ多分、写真撮影禁止だと思うけど、この時は、OKだったんだよね。
しかも、通常、撮影の許されていない、シーのブロードウェイ・ミュージックシアター内だし。

ところで、2010-2011のカウントダウンに行って以来、TDRに行ってない私。
は〜、当分、行けそうにないんだよね。
当面の目標としては、とにかく行くことと、アンバサダーホテルのドナルドダックルームに泊まることかな。
ああそうそう。
アンバでは、2013年にミッキーマウスルームとミニーマウスルームもお目見えするんだってさ。
でも、ドナルドラブの私は、ドナルドダックルームがいいのですよ。

ああ、こんなこと書いてたら、ホントに行きたくなっちゃったよ

古地図散歩ガール、増殖中

  • 2012.06.08 Friday
  • 17:16
古地図を見ながら散歩する“古地図散歩”が、若い女性に人気なんだと。
まあ、あれよ、「歴女」だっけ。
あれのもうちょっと細分化されたところかしらね。

本はもちろん、スマホ用アプリもあるんだってさ。
京都は、古地図要らないだろうな。
かなり残ってるもんね。
東京=江戸とか、大阪なんかは、面白いかも。
あと、江戸時代が一番、古地図をあるだろうから、城下町はいいかもね。
徳川御三家の城下町は、かなり大きいだろうし、面白かも。

ところで、古地図片手に歩くと言えば、前にも取り上げたNHK総合の『ブラタモリ』。
第3シリーズも終わって、今は放送してないけど、第4シリーズもまた、やってほしいなぁ。

さて、その『ブラタモリ』の第3シリーズで、国分寺を取り上げてたんですよ。
国分寺はそのまま、お寺の名前で、それが地名になった訳です。
東京の国分寺の場合、相当、大きなお寺だったようです。
ちなみに、国分寺と国分尼寺、国府はセットですね。
え〜、奈良時代のことでして。
でも、結構残っているんですよ、跡がね。
東京の国分寺以外でも、国分寺の地名が残るところもあるそうですし、そもそも、国分寺というお寺として残っていることもあるそうなので、旧跡を訪ねるには、もってこいかもしれませんね。
国分尼寺に関しては、正式な名称が、“法華滅罪之寺”と言うことで“法華”とか“法花”として地名に残っていたりお寺として現存しているところがあるそうです。
国府は、役場的なところですけど、これも結構、地名で残ってますよね。
府中とか利府なんかも、国府の名残だそうですよ。
愛知県だと、「はだか祭」で有名な稲沢市の国府宮がありますけど、ここも国府の名残だそうです。

私の住んでいるところから一番近いのは、豊川市にある三河国分寺と国分尼寺ですかね。
ま、跡だけですけどね。
国分尼寺跡は、史跡公園になっているそうです。
ちなみに、名鉄の駅に国府駅というのがあって、ちゃんと国府の名残もあります。
役所として置かれた国府は通常、“こくふ”と読みますが、国府駅の国府は、“こう”と読みます。
地名って難しいわぁ。

まあ、それはともかく、気が向いたら、三河国分寺跡と国分尼寺跡に行ってみようかなぁ。

さんばっけい

  • 2012.02.19 Sunday
  • 10:11
東海道新幹線の300系が、引退です。
引退に向けて、ロゴが貼られた車両が走りだしてます。
時刻表見れば、いつ走るのか、分かるもんね。
撮り鉄は、忙しかろ。
そういや、300系と関係あるか分からないですけど、新幹線の写真を撮るのに、線路に近付きすぎたのか、止めちゃったお馬鹿、いましたね。

300系は多分、以前、乗ったでしょうね〜。
意識してないだけで。
ちなみに、N700系に初めて乗った時は、ちょっと嬉しかったわ。
それはちゃんと、N700系って意識してたよ。

ところで、「さんばっけい」って何かって言うと、300系のこと。
知人の新幹線好きな男の子が、まだ、呂律が回ってなくて、「300系」って言えなかったのね。
「100系」は言えたんだけど、300系になると、「さんばっけい」。
かわいいよね。
ウチの甥っ子どもは、列車に興味なし。
車にも興味ないけど。
ちょっと変わってるんだよね、あの子たち。
ま、仕方ないか。

趣味、似てるんだ、やっぱり

  • 2012.02.05 Sunday
  • 12:06
相変わらず、『宮〜Love in Palace』の二次小説を読み漁っている、と言う話を先日、しましたよね。
昨夜は、かなり、睡眠時間を削ってしまいましたわ。
眠っ。

さて、それでまあ、いろいろなブログをめぐっている訳ですが(投稿量が多いところは、1日で全部読み切れないから徘徊できないけど)、同じドラマのファンっていうのあって、時々、かなり自分と趣味が似通っている人がいるもんだなぁと思います。

あまりに好きなものが似ていると思ったのが、『宮』以外に、『なんて素敵にジャパネスク』とあとなんだっけかなぁ、『イタズラなKiss』だったかなぁ。
その3つの二次小説をかいていらっしゃる方。
私もこの3つとも好きなので、思わず笑っちゃいました。

『なんて素敵にジャパネスク』は、氷室冴子さん原作の小説で、コバルト文庫から発刊されています。
山内直実さんで漫画にもなっていますけど、この作品のきっかけは、テレビドラマ。
富田靖子さん主演で小説のシリーズの一番、最初のお話が実写化されたんですよ。
どういう訳か、富田さん演じる、この物語の主人公・瑠璃姫の相手・高彰を演じた木村一八よりも、瑠璃がちょっとときめいてしまう鷹男を演じた仲村トオルさんの方が、印象に残っているんですよね。
ドラマ自体は、単発でしたけど、すごく面白くて、即、原作を買って読みました。
シリーズ化されている原作の途中までを一気に読み、それからは、“続く”状態だったので、初版で買い続け、キリがついたところで、氷室先生も他の作品を書いていらしたりしたので、それっきり。
ファンとしては、はちゃめちゃな瑠璃姫のその後も読みたかったところですが、氷室先生がお亡くなりになったので、その願いはもう、永遠にかなうことはありません。
私は、そこそこ氷室作品のファンなので、他のシリーズでも続きが気になっていた作品がありましたけど、それももう、読むことが出来ないんですね。
それを残念に思う方が多分、たくさんいらっしゃって、二次小説を書いている方がいらっしゃるんだと思います。

『イタズラなKiss』も、原作漫画を書いていらっしゃった多田かおるさんがお亡くなりになって、未完の作品ですよね。
まあ、こちらもかなり有名な作品で、日本でも韓国でも台湾でもドラマ化されてますね。
原作が未完ってこともあって、こちらの二次小説を書きたくなる方がいらっしゃるのも、うなずけます。
イタキスの二次小説じゃないけど、『宮』の二次小説にイタキスの琴子と入江くんが出てくるお話を書いていらした方がいて、それに苦笑い。
琴子と言う名前は、登場しませんけど(人物は登場している)、入江先生(入江くんは小児外科医になっている)ってところで、すでに反応しちゃいましたよ。

ああ、でも、すごく納得しちゃいましてね、その方が、イタキスも好きだってこと。
だって、琴子と入江くんのカップルって、チェギョンとシンくんのカップルと同じような感じだもん。
まあ、チェギョンより琴子の方が、もっとパワフルでドジですけどね。
でも、入江くんとシンくんは、どちらも同じように、頭脳明晰・眉目秀麗の完璧な男子で超クール。
だけど、初めて抱く恋愛感情に振り回されちゃうところも同じ。
入江くんはそれでも、クールだけど、シンくんの方がもうちょっと人間ぽいかな。
あと、入江くんは、家族とかの愛情に飢えているわけじゃないし、孤独でもないから、そこら辺の状況が違うくらいかな。

時間軸で言うと、イタキスの方が早いので、イタキス好きな方なら『宮』好きになるのも納得、ってとこかな。

まあ、ツボが同じなんだろうね、好き、のツボがさ。
ちなみに、『宮』ファンの方々は、とにかくシン&チェギョンのカップルが好きな人が多くて、出来ればその中のお二人が、リアルカップルだといいな、って思っている方が多いようです。
これもちょっと分かる気がするなぁと。
それくらいお似合いだし、すごくハマったキャスティングだったってことでしょうね。

しかし、私もこの二次小説にハマりすぎて、かなりヤバイです。
作品を読みすぎて、どこのお話がどうだったか、混乱してしまいそうな感じですよ。
もうこれ以上、新しいブログを探すの、やめておこうか、どうしようか、ちょっと悩んでいるところです。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM