牧歌の里

  • 2015.08.03 Monday
  • 10:24

岐阜県郡上市にある牧歌の里に行ってきました。
え〜と、先週の水曜日、7月29日です。
幸いにも、雷雨に見舞われることもなくて良かったです。
『ひるがの高原 牧歌の里』と言うんですが、高原と言う割にさほど涼しくもなく。
牧場のようで牧場でもなく、花園でもないけど、花もそこそこあって、ライトな感じのテーマパークってところでしょうか。
長居するような場所でもないので、日帰りでも問題なし。
距離的に遠くて、泊りで行くのであれば、近隣のスキー場もセットにするといいですよ。
ひるがの高原スキー場(夏は「コキアパーク」と呼んだ方が分かりやすいかな)はアクティビティ、ダイナランドの方は、ゆり園が見事です。
あと近隣だと、高鷲スノーパークが、高鷲フィッシングパークとして夏営業してます。
ホントは、ダイナランドの方に行こうと思ったんだけど、こっちだけにしちゃったのね。
もうちょっと早く出発して、両方行けば良かったかなぁと思います。
お花目当てに行くのであれば、牧歌の里はチューリップが満開になるGWごろの方がいいようです。
小学校低学年以下のお子さん連れなら、こちらで十分かもしれません。
バーベキューも出来ますし。(バーベキューハウスがあるので雨天でも困らない)
動物は、写真の馬・アルパカ・羊以外に牛とウサギがいました。
子供の頃、近所に牛舎がいくつかあって、子牛が生まれると見に行ったりしていたので、牛舎の匂いはなんとなく懐かしかったですよ。
ジャージー牛ばかりでしたから、そこがちょっと違うけど。
お昼は、ビュッフェスタイルのレストランでいただいたんですが、まあまあかな。
もうちょっと地域色が出ているといいような気がします。

平日なんで、途中、道路工事が多くて。
冬は出来ないでしょうから、夏の平日に工事することが多いんでしょうかね。
それでちょっと渋滞しましたから、そこまでで短縮した時間貯金を使い果たしましたわ。
ドライブコースは、東名の豊田JTCから東海環状〜東海北陸道と進みまして、ひるがの高原SAのスマートICが最寄りになります。
ETCが無い場合は、高鷲ICを利用するのがいいですかね。
ただこのアクセスだと、PAばかりでSAが無いんですよ。
SAでちょっとお買い物とかしたいなぁと思うのなら、名神の一宮JCTから東海北陸道に入る、または東海北陸道を南下して名神に入るという方法の方がおススメです。
ただし、一宮JCTあたりで渋滞しやすいので注意してくださいね。
一宮JCT〜美濃関JCTにハイウェイオアシスが併設されている川島PA(ここで遊びすぎると予定が狂いますが)、長良川SA(下りだけ)、関SA(上りだけ)があるので、SAに寄る楽しみも加えられます。
ひるがの高原SAも買い物できますが、帰りに寄る場合は、スマートICに入る前にSA外の駐車場に停めてから施設を利用してくださいね。
私たちは寄らなかったけど、先行していた車2台は寄ってましたね。

せっかくの9連休でしたが(夫がね)、何かとちょこちょこ予定があったので、日帰りドライブだけになっちゃいました。
もうね、家に居ても暑くて仕方がないのでで出かけたんだけど、気分転換にはなりました。
もっと真剣に早くから計画を立てていたのなら、29日にアウエーの山形で試合のあったグランパスの試合観戦とセットで山形に行くってのも有りだったかなぁと思いましたけど。(冬に山形に行く勇気が無いし)
来年はそんな風に計画立てよう夫と話しました。

 

食い倒れの大阪

  • 2014.10.23 Thursday
  • 20:48
大阪と言えば、食い倒れよね〜。
たこ焼きは食べたけど、イカ焼きは食べ損ねた〜がく
次回は必ずグー
串カツは、おつまみ程度に食べたけどね。
食べ物ついでに言うと、2回あった晩御飯は、1つは義妹ちゃんおススメの海鮮系のお店。
もう1つは、フグとマツタケのちょっと贅沢なコースのごはんでした。
結構ちゃんと食べてるか。

そんなこんなで行って参りました大阪。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、我が夫は大阪生まれの大阪育ち。
なので、旅行って言うよりは帰省です。

いつも、何かしらの行事に合わせて行くので、バタバタと忙しくなっちゃうんですが、今回の最大の目的は、単純に親の顔を見に行くってことだったので、大阪らしい所に行くことよりも、ほとんど街歩きしながらの買い物くらいですね。
しかも、義父はそれに付き合う訳じゃないんで、楽しくみんなでご飯を食べたくらいでしょうか。

それでどこに行きたいかのリクエストしたのが2ヶ所。
1つめ。
“フライング タイガー コペンハーゲン”

人物を入れないで写真を撮ったらこうなったのねん。
え〜、北欧デザイン雑貨のお店です。
現在、日本国内に10店舗、出店しているのかな。
だから、さすがに入場規制するほど混雑してませんけど、身動きできる程度には混んでましたよ。
北欧らしい色遣いの雑貨がお求めやすいお値段で売られています。
このアメリカ村ストアは、日本出店第一号店だったので、ニュースとか情報番組でご覧になった方もいるんじゃないかと。
このビルの1階と2階が店舗です。
私は凄く何かが欲しかった訳じゃなくて、お店に行って、商品を見て見たかっただけなので、さほど買ってません。

こんな感じ。
手袋とチラッと見える赤いいちごの形をしたティーストレーナーが私の買ったもので、カラフルなリュックとイヤーマッフルは夫セレクトです。
ヒゲのイラストの付いたトートバッグは、有料のマイバッグです。
マイバッグを持参すれば、買わなくても済みますよ。
リュックがいかにもって色使いでいいですよね〜。
こういうのって、センスがないときれいなバランスに見えないじゃない。
私は、どちらかと言うとシンプルな方が好きなんですが、夫はこういうごちゃごちゃっとした多色使いが好きなんですよ。
う〜ん、大阪人の好みでもあるかもしれませんね。

2つめ。
IKEA鶴浜に行きました。
別段、珍しくもないIKEAですが、中部圏にはまだ店舗が無いんですよね。
名古屋市の郊外に長久手という所があるんですが、そこに出店するという計画があるにはあります。
しかし、具体的なオープンについては正式なリリースがないので、万が一にも出店見送りなんてことになるかも。
ま〜しかし、その長久手に出来たとして、我が家のある愛知県東部からは、車でないとちょっと不便でして。
でも、オープンからしばらくは、車だと渋滞しそうだし。
IKEAでよくあるパターンだと、駅から無料送迎バスってのがありますよね。
地下鉄東山線の藤ヶ丘あたりになりそうで、これまた遠い訳で。
なんか当分無理そうな気がするんですよね。
そんなあてにならないオープンを待つより、行ける所で行くのがいいかなってことで、鶴浜にあるのなら行きたいなぁと。
ぶっちゃけ、IKEAって2回しか行ったことがないのよ。
初めて行ったのが、横浜港北。
2回目はナント、オランダ・アムステルダム。
そして当然ですが、配送も出来るけれど、目的の物は消耗品なので、持ち帰り可能なもの。

ジッパー付きのプラスチック袋と蓋付きの乾燥食品用容器。
乾燥食品用容器は、使いかけのマカロニとか乾物を入れようかと思って、事前にIKEAのHPで大きさを確認。
ちゃんとこれが入るスペースを確保しておきました。
箱に入っているのが、ジッパー付きのプラスチック袋です。
いわゆるジッ○ロックと同じような物なんですが、あれよりは安くて、ほどよく丈夫じゃないんですわ。
洗って繰り返し使っている方も多いと思いますけれど、あまりきれいに洗えないし、そうなるとなんとなく衛生上、良くない気がして、使い捨てているんです。
まあ、カレーとかトマトソースとか、油分や色が残りそうなものを冷凍保存するのに使うことが多いってのもありますけれど。
IKEAのは、使い捨てるにはホント、程よくてね。
意外と破れたりするんで。
ジッ○ロックと使い分けたりもしますけど。
最初、このIKEAのプラスチック袋を使い始めたきっかけは、妹にもらったからなんですが、さすがに使い切ってしまったらオンラインで買うか、自力で買いに行くかしかないじゃないですか。
で、大阪に行くチャンスはあるので、その機会に買おうかと思ってましてね。
お店にも行きたかったし。
他の雑貨も見たかったんですよね。
見た結果、予定通りの物しか買わなかったんだけど、面白かったです。
私の希望でIKEAに行ったんですけど、なぜか義妹ちゃんの方がガッツリ買ってましたわ笑い
その義妹ちゃんもあまり行ったことが無かったようなんですが、情報だけはしっかり友達から仕入れてきたようでして。
IKEAもこういう持ち帰れそうな雑貨を入れる袋とかが有料なんですって。
だから、袋持参。
そこそこ大きめの袋を持って行ったはずなのに、結構、ドンピシャな大きさでしたわ。
軽いけどかさばる物もあるもんね。
IKEA鶴浜は、大阪駅とJR難波駅から無料のシャトルバスで行けますが、11月からは大正橋とドーム前千代崎から有料のバスも運行するそうです。
有料ってのがね〜、って感じだけどどうだろうね。
ちなみに、お値段の方ですが、保存容器が799円で、プラスチック袋は、どのサイズでも1箱299円。
プラスチック袋の詳細を言うと、1ℓと0.4ℓの袋がそれぞれ30枚入っているのと、2.5ℓと1.2ℓの袋がそれぞれ25枚入っている物の2種類です。(他にもあります)
私は、1ℓくらいを一番よく使うので、こういう組み合わせにしてみました。
IKEAの通販でも扱ってますけれど、実店舗の方が安いですね。
う〜ん、また行っちゃうかも、IKEA鶴浜は。
義妹ちゃんも頼まれてくれるって言ってたから、お願いしちゃうかもしれないですけれどね。

この他は、ほとんどぶらぶらしながら疲れたらお茶したりしてました。
IKEA以外はほとんど、難波とか心斎橋にいましたけれど、大阪で今一番の行列ができるという噂のパンケーキ屋さんの近くを通りかかったら、ホント、すご〜い行列が出来ていましたわ。
私たちは、パンケーキにまったく興味がないので、スル〜しましたけれど。
あとはそうだなぁ、GAPの前を通りかかったら、50%オフセールをやっていたので買い物したりした程度ですかね。
意外と大阪大阪してません。
観光じゃないからかなぁ。
しかし、あまり街歩きをしない私は、さすがに2日連続の街歩きで帰って来てからぐったりですわ。
意外とね、田舎人の方が歩かないからね。

久々の大阪にいながら、次回の大阪帰省では、水上バスとかリバークルーズの船に乗ってみようかなぁと思いました。
道頓堀川沿いのお店でご飯を食べていたので、何隻もそういう船が行きかってましてね。
大きく分けて、道頓堀川のクルーズと大阪城を中心としたクルーズがあるようです。
実は、大阪城すら行ったことないんで、あっち方面に行ってみるのもいいかなぁと。

惜しむらくは、グリコの看板。
綾瀬はるかさんバージョンも悪くはないけれど、リニューアルしたのを見たかったなぁ。
今日からお披露目だったようです。
う〜ん、あとちょっとだったのねん。
ま、また行くからいいか。



 

こみこみ

  • 2014.09.02 Tuesday
  • 09:40
私って根っからの田舎人体質だわ〜。


土曜日、名古屋に行ったので、東急ハンズへ。
年に一度のセール、“ハンズメッセ”開催中。
いや〜、やっぱりすごい人でした。
すれ違うのが大変。
あと、あれ、なんだろ。
バッグ売り場のワゴンセール。
これがいくつかあるんだけど、ジャンルによってね。
スポーツバッグとか、カジュアル系バッグとか。
多分、カジュアルよりちょっとオシャレ系のバッグのワゴンなんだと思うんだけど、おばさまが固まっていたし。
ここにバッグが追加されると、激しい争奪戦が……。
あ、ダメ、ムリって感じ。
私はダメだわ、ああゆうの。
ま、参加する気もなかったですが。
旅行とか(特にテーマパーク)に行く時に使うリュックが破れそうになっていたのと、雨天のサッカー観戦用バッグもシミがいっぱい出来てきちゃってボロくなってきたので、その2点をお買い上げ。
それから少し、他の売り場も見たけれど、その辺りでもう限界間近。
限界になると、その後の予定に支障が出るので、それ以上はやめておきました。
小学生だったか中学生だったかの頃から、バーゲンの人込みは一番苦手で、頭痛はするし、気持ち悪くなるしで、ホント大変なのよね。
私って、購買意欲も低い方だから、テンションも上がらないし。


さて、ハンズメッセの後は、ランチ。
ランチの話はまた別にしますね。
実は、ランチの順番待ちの間に、ハンズメッセに行ってたのよ。
そこもいつも混んでいるのよね。


で、ランチ後に栄に移動して、いつもの松坂屋。
ここは特に何もなく、時間にもかなり余裕があったので、どまつりを見に行くことに。
もちろん、こちらも混雑しているんだけど。
どまつりってのは、「にっぽんど真ん中祭り」のことね。
名古屋が日本のほぼ中央にあるってことで、にっぽんど真ん中。
そこで行われる祭りなんですよ。
で、略して“どまつり”。
なんの祭りかって言うと、高知のよさこいってあるじゃない。
あんな感じの踊りを踊るお祭りで、いろいろなところからチームが参加して、自分たちの踊りを披露するんですよ。
審査もあるし。
ステージや広場、公園などで披露したり、パレード風に路上でパフォーマンスしたりします。
各チームがいろいろな会場(全部で20ヶ所)を巡っているので、あちこちで同時開催って感じですね。
メインの会場は、栄。
テレビ塔がある久屋大通公園(100m道路の中心が公園になっている)を中心に、遠くだと東海市とか安城市にも会場があったりします。
名古屋市内だと各チームが地下鉄で移動していたりしますよ。
衣装のままだから、目立ちますが。
1つのチームに幅広い年代が所属しているなんてところもあれば、保育園児のチームがあったり、中学生のチームやら、おばさまのチームもあります。
大学生のチームも多いですね。
踊り自体は、ホント、よさこいみたいな感じなので、中には、高知のよさこいにも参加しているチームもあるようです。
なので、参加する人の人数もスゴイですね。
そしてそれを見に来る人もたくさんいて、結局、前夜祭からの3日間で220万人も来場したらしいです。
いや大変。
メインステージの隣の会場が、総踊りをやっていて。
総踊りって言っても、自由参加型みたいな感じなんですが。
そこでボーっと見ていてたら、中学生のチームがメインステージに上がる前のスタンバイで来て。
この中学生チームとは、名駅ですれ違ったので、これも何かの縁かと思い、メインステージの本番も見ました。
なんか、3年生120人くらいだそうなので、さすがにステージがいっぱいいっぱいでしたね。


どまつりのパレードもちょっと見つつ、そこら辺はさすがに混んでいてお茶休憩も出来ないので、金山に移動。
そうしたら、こちらはこちらで、アスナル金山のアスナル広場で、日テレ系24時間テレビのイベントで、チャリティライブをやっていて、これが後で調べたら“DISH”とかいうダンスロックバンドだそうでね。
さっぱり分かりませんが笑い、なんか結構な人気でやっぱり人がたくさんいましたね。
で、休憩してから、本来の目的であるサッカー観戦に行きました。
実はこちらも、結構な観戦者数で。
昼間、ナゴヤドームで野球もやっていたので、この日の名古屋は、相当な人出だったと思います。
なのでなんか疲れまして。
どこ行っても人がいっぱいなので。
いつもの名古屋よりもね。
そう言えば、テレビ塔の辺りで、24時間テレビのイベントをやっていたようですが、どまつりですごく盛り上がっていたから、目立たなかっただろうなぁ、なんて思ったりして。


そして翌日もサッカー観戦に行ったりして、週明けて火曜日だって言うのに、なんだかまだだるいようなそうでないような。
やっぱり都会は疲れるや。



 

ちょいとハマキタ

  • 2014.08.11 Monday
  • 10:53
なんてローカル。。。
浜北ってのは、浜松市浜北区です。
新東名には、浜松浜北ICがあります。
浜松の北だから浜北はてな
合併する前は、浜北市でしたね。

さて、7月30日水曜日は、サッカー観戦でヤマハスタジアム(静岡県磐田市)に行くことになっていたので、その前にふらっと浜北に行ってみました。
新東名が出来てから、一度も走行したことが無かったので、ちょっと行ってみたかったし。
それで、寄り道して見たかったところがここ矢印

“NEOPASA浜松上り”です。
新東名開通時に結構話題になったのよね、ここ。
楽器の街なんでね、浜松って。
だから、ピアノの鍵盤デザイン。
意外と施設はこじんまりしていて、高速側の駐車場は、乗用車用もさほど台数を停められる感じじゃないです。
ここは、「ぷらっとパーク」と言って、一般道からも利用できる施設なんで、そちらの駐車場の方が広いんじゃないかって感じ。
まあ、大型車用を使えば、それなりの台数にはなると思うけど。
ただ、施設の規模からいえば、駐車場がいっぱいだと、施設内もいっぱいだと言うことだと思うので、見合っていると言えば見合っているのかも。
それでお昼ご飯TIMEってことで、「肉つけうどん&丼ぶり はまきた食堂」というところのしらす丼を頂きました。

なんかさ、気分はこういうものだったのね。

ここはむしろ、物産関係の方が気になって。
一番心惹かれたのは、三立製菓の源氏パイで、静岡限定のピアノブラックとピアノブラウンかな。
たまにコンビニでも置いてあったりするけど、常設されているみたいだし。
って言うかこれ、浜松駅のキヨスクとかにもあるらしいので、東名の浜名湖SAにも置いてあるのかも。
いつも通過しているから知らないのよ。
今回は、暑いのでやめておきました。
チョコが溶けちゃうし。

あとね、なんかトイレが凄かったの。

ちょっと光って見えるパネルは、どこが空いているかを表示している案内パネルね。
で、ここは洗面スペースで中央の奥がトイレ。
個室内は、

って感じなのよ。
すべての操作ボタンからトイレットペーパーまで、全部このパネル内に収まっているのよね。
なんだこりゃって感じ。
すごいわ〜。


さて、浜松浜北ICから出て市街地へ。
次の目的地は、ここ矢印

7月20日にオープンしたばかりの“nicoe”で〜す。
かのうなぎパイで有名な春華堂さんが手がけたスイーツのテーマパーク。
テーマパークと言うほどひろくはないけど、扱い的にはそんなかんじですか。
初めて行くと、じっくり見て周っちゃうから、1時間くらいは掛かるかもしれないですけれど、2回目からは、そんなに時間は掛からないかも。
この建物の裏手に広場みたいなのがあるので、そこで子供を遊ばせたりすれば、もっと時間が掛かっちゃいますけれどね。
さすがに暑いんで、たくさんは遊んでなかったな。
さて、施設内には、3つのブランドと1つのレストランがあります。
レストランは、イタリアンビュッフェですね。
今回、ここはパスしたので、詳細はHPをどうそ。

“春華堂”では、うなぎパイの御徳用ってのを買いました。
割れたのとか入っているヤツね。
あと、“五穀屋”は、和風な感じでおせんべいとかおはぎとかおまんじゅうがあります。
私的には、“coneri”がおススメかな。
スティックパイのお店です。
それをそのまま食べるもよし、ディップも売っているので、ディップを付けて食べるもよしって商品です。
それぞれ、数種類ずつあるので。

スティックパイは、最初と言うこともあって、プレーンにしておきました。
ディップは、左が「ブルーベリー&クリームチーズ」で右が「桜えびタルタル」です。
ブルーベリーの方は、チーズがクリームチーズってこともあってか、ちょっと酸味が少ないクリーミーなブルーベリーって感じの味で、味覚的にはブルーベリーで、チーズの味がするってほどではありません。
桜えびタルタルはおススメで、なんでもいけそう。
意外とね、この塩気がいい塩梅だったりするんですね。
このディップは、その場で詰めている小さい物ですが、店舗では瓶詰も売っているので、いろいろ試してから、お気に入りのディップの瓶詰を買うといいかもしれません。
多分、瓶詰の方が日持ちすると思うし。
ちなみに、ごめんなさい。
値段は忘れました。
ブランドサイトにも載ってなかったのね。
スティックパイも、箱入りのは12本入っているんですが、これでこのサイズのディップ2個がちょうどいいくらいでしたね。
食べ歩き用に8本入りってのもありますよ。

地元の人はいいと思うけど、観光スポットとしては、あまり時間を消費しないので、ゆったり予定を組んでいる方には物足らないかも。
まあ、ほとんど買い物スポットみたいな感じなので。
だから、同じ浜松市内のもっと南の方になりますが、同じく春華堂さんの“うなぎパイファクトリー”とセットで回ると、観光の方にはいいかも。
私もファクトリーは行ったことが無いんですが、ローカルで何度も取り上げられている所で、ざっくり言えば、「工場見学」って分類される施設になります。
ここのいいところは、土日もOKだってこと。
例えばね、キューピーの工場見学ができる工場が、愛知県だと豊田市にあるんだけど、土日は休業なのよ。
しかも予約しないといけないのね。
でも、“うなぎパイファクトリー”って、一応、予約なしでも見学は出来るのね。
案内人付きツアーが要予約なだけで。
あと、カフェもあるしね。
土日も見学出来る所って少ないみたいなので、時間に余裕があって、ふらっと立ち寄ることが出来るって便利よね。
私もいつか、行こうと思ってます。

で、今回はファクトリーまで行く時間もなかったし、かと言って若干、時間が余ったので、更に近所のホームセンターとか、ららぽーととかで時間を潰しつつ、スタジアムに向かいました。

この他の新東名・浜松浜北IC周辺の観光スポットは、「はままつフルーツパーク時之栖」とか、ちょっと北に行かないいけないけど、火の神様で知られる「秋葉山本宮秋葉神社」もありますよ。
「竜ヶ岩洞」と言う鍾乳洞もおススメです。
高速道路をETCで利用される方は、フルーツパークと竜ヶ岩洞に関しては、冒頭に紹介したNEOPASA浜松のスマートETCを利用された方がより近いです。

浜松市って、市町村合併で北部の山間部も市内になっちゃったので、今までの浜松=浜名湖・海ってイメージじゃないエリアもいっぱいあります。
浜北はそんな山間部への入り口みたいな街ですし、新東名で便利に行けるので、ふらっと立ち寄るにはいいエリアだと思いますよ。
機会があれば是非どうぞ〜。
近隣の方は、ドライブって感じの時にもいいですね。



 

伊良湖・休暇村

  • 2012.02.16 Thursday
  • 15:49
予告()しながらも、書いてなかった、伊良湖の休暇村のお話を。

目的は、やっぱり“ふぐづくし会席”。


ま、冬はこれですね。
11月に行った舘山寺温泉でもふぐ会席だったけど、こっちの方が、ふぐ密度、高いのよん。
ふぐづくしだからね〜。


席に着くと、まずはこんな感じで。
前菜からふぐばかり。
ちなみに、ヒレ酒も食前酒としてついてまして、これは、ちょっとだけ夫の分を味見させてもらって、私の分は、日本酒好きの義父にあげました。
これがまた、ヒレがいっぱい入ってる結構なヒレ酒でして、日本酒は舐める程度しか飲まない私ですけど、おいしかったです。
てっさと竜田揚げは、まあ、普通に一般的なもので。
舘山寺では、竜田揚げがなかったんだよね。
天ぷらはあったけど、ふぐじゃなかったし。
で、ちょっとめずらしいもの、登場。


とらふぐ一味焼き。
何度か、ふぐづくしのコースを食べたことがあるけど、焼ふぐってめずらしいんだよね。
一味焼きって言うけど、醤油系のたれに漬けてありました。
歯ごたえがいいわ〜。

あとは、一般的なコースと同じで、てっちり鍋とその後の雑炊。
他に、茶碗蒸しですね。

雑炊は、普通にご飯と卵でしたけど、チーズも付いてて、「良かったら、味が変わるのでどうぞ〜」っておススメされて。
これがまた、案外、イケルんですねぇ。
リゾット風って言うか。
すっごい、おなかいっぱいになりました。
これで白子(できれば“焼き”で)があると、完璧だけど、さすがに別料金。

ところで、さすがに伊良湖なんで、お風呂は温泉じゃないです、普通の大浴場。
お部屋は、下手な温泉旅館よりいいですよ。
すごい広大な敷地なんで、フロントや宴会場、食事処がある建物は、2棟で3階建て。
プールもあるし、グランドゴルフ場やらテニスコートやら、まあ、夏の合宿にも使えるような施設です。
ああ、ロッジもありました。
海水浴もできるだろうし、夏向きなところですね、やっぱり。
ちなみに、2月の渥美半島は、菜の花が満開できれいですよ。
あとは、そうだなぁ、イチゴ狩りかな。

しかし、今回は、やっぱり、“ふぐづくし会席”に大満足でした。
義妹が言ってたんだけど、下関にふぐを食べに行くバスツアーに参加した時に、下関でふぐって言ったら当然、とらふぐだと思っていたのに、他のなんか安いふぐだったらしく、ガッカリしたとか。
近年、下関の方でも意外と、ふぐが獲れないって聞いたけど、そのせいかしらん。
今はねぇ、遠州灘から愛知県沖で結構、ふぐが獲れるから、遠征する必要ないんだよね。
女優のかとうかずこさんは、日間賀島(三河湾にある島)にふぐを食べに行くそうです。

とは言え、まあ、安くはないとらふぐちゃんなんで、今シーズンはこれでもう食べることもないだろうな。
次は、何にしようかなぁ。


道の駅〜渥美半島

  • 2012.01.24 Tuesday
  • 11:55
この土日に、渥美半島にある“休暇村伊良湖”に行ってきました。
その話は後日、ってことで、2日目の日曜日に、渥美半島にある道の駅をぐるっと回ってきました。

最近、道の駅って人気で、ドライブなどの目的地にしている人も少なくないですよね。
そんな道の駅ですが、渥美半島内にある道の駅は、3か所。
田原めっくんはうす・あかばねロコステーション・伊良湖クリスタルポルト。
(詳細は、こちらへ)
休暇村が、伊良湖岬の手前くらいのところにあるので、クリスタルポルトから赤羽根を通って、めっくんはうすと回りましたが、無理なく回れるので、伊良湖方面に車で行かれる方にはおススメです。
ま、周る順番は、私が回った通りか、逆回りかのどちらかがいいですよ。
扱っている商品などは、さほど変わりがないですが、私的には、めっくんはうすは、あんまりおススメでないかも。
駐車場もちょっと狭いし、意外と品揃えも少ないし。
イチ押しは、あかばねロコステーションですね。
新しいこともあって、駐車場も施設もゆったりめで、居心地がいいです。
海岸沿い、しかも太平洋側なので、見晴らしもいいですよ。
多分、シーズンにはサーファーもかなりいるんじゃないですかね。
サーフィンのポイントとしては、一番端っこだけど。
この真冬でも見かけたし。
ドライブの休憩がてら、波打ち際までちょっと散歩、なんてこともできます。

渥美半島はまるごと田原市なんですけど、田原市と言えば、全国でも有数の農業王国。
なので、どこの道の駅にも、産直販売コーナーがあるんですけど、あかばねロコステーションが一番、安かったかな。
ま、10円とか20円の違いだけど。
あと、シーズンによっても、違ってくるかも。
それでも、実のところ、私が普段行ってる、地元の産直所の方が、品ぞろえも豊富で値段もほぼ同じかちょっと安いくらいなので、私にはあんまり魅力的じゃなかったわ。
例えば、名古屋の人とかなんかだと、どう思うのかは分からないけど。

ちなみに、私たちは今回、あかばねロコステーションと田原めっくんはうすの間に、サンテパルク田原という農業公園にも立ち寄ったんですが、ここにも産直所がありまして、品ぞろえで言えば、農業公園だけあって、一番豊富でしたね。
お値段的には、私の感覚だと、産直所としては、普通でしたけど。
ところで、サンテパルクタ田原には、“旬菜ダイニングmogu”というレストランがあるんですが、ランチバイキングが人気です。
結構、行列ですね。
たまたま、名古屋テレビが取材に来ていたので、間違ってなければ、25日の夕方のワイドニュース番組“UP”内で紹介されると思います。(残念ながら、愛知・岐阜・三重のローカルです)
ま、ここはそこそこ有名なので、すでにご存じの方もいらっしゃるでしょうね。
私は、サンテパルク田原自体、初めて行ったんですけどね。
あ、ランチバイキングは行ってませんよ。
朝ごはん、いっぱい食べて、おなかがすいてなかったってのもあるけど、予定に入れてませんでした。
人気だという話は、知人からも聞いてましたけど。

さて、道の駅めぐりをしている人もいるとは思いますが、渥美半島から浜松方面に向かう方には、潮見坂というところにも道の駅がありますので、順路としてはロスなく回れます。
行ったことないから、内容は・・・・・・。

そういえば、めっくんはうすで「中部の道の駅」なるポスターを見ていたんですが、安城にある“デンパーク”の名前がそこにあって、デンパークって道の駅なんだ、と初めて知った次第。
あそこは確か、有料施設なので、無料施設の部分が、ってことなんでしょうけど。
やはり、産直所があるんだそうですが、妹が言うに、「大したことない」んだそうです。
そんな妹は、実家にやってくると、その途中にある、こちらの地元の産直所(私が行ってるところと同じJAの別の店)にちょいちょい寄っているようです。

あ、最後に新しい道の駅の話。
国道一号線の岡崎市藤川というところに、建築中の道の駅がありますよ。
今年の3月にオープン予定だそうです。
出来たら多分、行くと思うわ。
その時にはまた、ご報告します。


BIRTHDAY

  • 2010.08.29 Sunday
  • 11:21
100829_102157_ed.jpg
今日は、亡きマイケルジャクソンの誕生日なんだそうな。
で、大阪梅田スカイビルで開催中の「Michael Jackson 公式展」に行ってきました。
ネバーランドからお借りしたものだとかで、ラインを踏み越えて近寄ろうものならば、即、注意されますよ。
マイケル好きの我が夫は、大喜びです。
しかしこのビル、梅田にある各駅から、ちょい歩くのが、この暑さの中では、少々キツイですわ。

浜名湖立体花博〜浜松モザイカルチャー世界博2009

  • 2009.11.12 Thursday
  • 21:47
 先日行ってきた、浜名湖立体花博を写真でご紹介。
モザイカルチャーの意味など詳細は、公式HPでどうぞ。

さて、キャラクターの“モザイ”から。
モザイ
入口を入った正面にいます。
で、ここは浜松市なので、浜松市の出展作品。
浜松市
“ほほえみのハーモニー”。
楽器の町でもありますからね。
なかなか大作です。
紅雲の雪景富士
静岡県の出展作品“紅雲の雪景富士(せっけいふじ)”。
これも大作。
同じく大作なのが、カナダのモントリオールの出展作品“木を植えた男”。
木を植えた男
そう、海外からも参加しているんですよ。
で、ぴろち的に外せない国、オランダ王国の“日本オランダ通商400周年”。
オランダ王国
日本とオランダは、深い関わりなんですよね。

さて、ガラッと変わって、キャラクターもの。
な〜らちゃん
なんだこりゃ
と思ったら、奈良県出展の“な〜らちゃん”だそう。
全国都市緑化ならフェア実行委員会の主導みたいで、な〜らちゃんは、「奈良県ストップ温暖化県民運動」のキャラクターなんだそうです。
たねまる
“たねまる”。
どこかで見たなぁ、どこだっけと思ったら、夏に横浜で見たんでした。
横浜開港150周年記念のイベント“開港博Y105”のキャラクターです。

さて、最後のコーナーは、サッカー関係の作品。
船橋市
千葉県船橋市の出展作“サッカー大好きふなばし君”。
船橋市には、市立船橋高という高校サッカー界の名門があるのと、中山競馬場があることから、こういうデザインになったようです。
さいた
さいたま市“サッカーとばらと人形のまち、さいたま市をよろしく「ヌゥ」”。
両端が、さいたま市を本拠地とするJリーグのクラブ“浦和レッズ”と“大宮アルディージャ”のエンブレムですね。
真ん中の後方のは、ゴールマウスなんだそうです。
磐田市
サッカーと言えば、忘れちゃならない磐田市。
“磐田市のシンボル(花・木・昆虫)”だって。
サッカーボールにトンボが止まってます。
磐田はねぇ、トンボの町なんだって。
確かに、いっぱい飛んでます。

ごく一部でしたけど、詳しい作品のコンセプトなどは、公式HPに載ってます。

私は、先日も書きましたけど、この2週間ほど前に行く予定だったんですが、杉山清貴さんのライブがイベントとして組まれていると知り、日にちをずらしました。
この日は、天気も良く、暖かくて、かなりの人出になったようです。
イベントでは、整理券を配布しているものが、ときどきあるようなんですが、そんな中でも杉山さんのライブは、人気があったようで(というか、イベントを行った人の中では多分、一番の有名人)、整理券をもらうための列が、今まで行われたイベントの中でも一番、長かったようです。

フードコートなんかもありますが、大したものはないので、お弁当とか持って行かれた方がいいですよ。
11月23日まで開催されてますので、お時間があったらどうぞ。

浜名湖立体花博

  • 2009.11.07 Saturday
  • 11:18
091107_110522_ed.jpg
モザイカルチャーとも言うらしい。浜松のフラワーパークで開催中。
立体的に剪定するのではなくて、花木で立体作品を作るってところかな。
ま、アートですよ。
もう2週間くらい前に来るつもりだったけど、今日は、杉山清貴さんのライブがあると言うので、日程変更しました。
ただ今、整理券をもらう為に、並んでます。
なのでまだあまり見てないんだよね。
しかし、いい天気で良かった。

プリンスアイスワールド2009

  • 2009.05.26 Tuesday
  • 15:24
 フィギュアスケートって、まあ、別に嫌いじゃないし、普通くらいの知識はあるかなって程度に見ますが、それはテレビでの話。
実際に、会場で、見たことがなかったんですが、どういうわけか夫がチケットを買ったので、『プリンスアイスワールド2009』というアイスショーを見てきました。
案外、公演数が少ないんですね。
公演数って言うか、公演する場所って言うか。
横浜と東京、豊橋、追加で笠松だって。
豊橋公演の2日目の1回目の公演に行って来たんですが、満席でしたよ。
一応、レギュラーとして出ているのは、八木沼純子さんwithプリンスアイスワールドチーム、荒川静香さん、本田武史さん、太田由希奈さん、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ組。
ゲストで、現役の競技の方に出ている選手が何人か出ていて、豊橋公演では、中野友加里さん、無良崇人さん、村主章枝さん、鈴木明子さん、 小塚崇彦さん、浅田舞さんが出演してました。
特別ゲストの伊藤みどりさんは、ちょっと話題になっていましたけど、どうやらブランクがあるみたいでした。
ちなみに、鈴木明子さんは、豊橋出身ですね。
基本的な構成は、ソロ・ソロ・チームの繰り返しみたいな感じですかね。
会場には、山田満知子さんもいらっしゃっていましたけど、どうやら、毎年、いらっしゃっているようです。
伊藤みどりさんや浅田真央さんのコーチとしても有名ですが、この方の教え子はたくさんいて、チームの方にも何人かいるようでした。
プロになっても活躍の場があるって言うのはいいですけど、それでもやっぱり、こういう公演を行えるようなリンクは、なかなかないんでしょうね。

鈴木明子さんが豊橋出身だと言いましたが、豊橋には昔、スケートリンクがありました。
今はもうそこはなくて、今回の会場にもなったアクアアリーナが、冬季にスケート場として営業しているそうです。(夏はプール)
私が小学生の頃、スケート教室ってのがあって、観光バスに乗って、スケート場まで行きましたよ。
多分、今はもう、そんなこともやっていないと思いますが。
友達同士でも行った記憶があります。
まあ、今はもう、滑れないだろうなぁ。
ちなみに、甥の学校では、毎年、スケートの授業があるので、そこそこ滑れるようです。


PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM