吸気口

  • 2014.03.06 Thursday
  • 10:13
昨今の家は、気密性が高いですよね。
しかし、それでは問題があるので、吸気口が付いてます。
我が家の場合、2階のLDKに1ヶ所と、1階の和室と洋室にそれぞれ1ヶ所ずつあります。
吸気口があると言うことは、排気口もある訳で。
LDKに2ヶ所、2階の廊下(と言うほど長さもないが)に1ヶ所で、1階にはありません。
吸気口が壁にあるのに対し、排気口は天井にあります。
ダクトを通じて排気されます。
排気用のただの穴状の物ですが、実は、2階の廊下の天井裏に排気用のファンがあって、それぞれの排気口はここに繋がっています。
これは、24時間換気システムなんですよ。
ずっと作動させっぱなし。
もちろん、スイッチを切ることも可能ですが、通常モード以外に、冬期モードもあって、設定が変えられます。
ただ、最初の引き渡しの時に、「最低1年は、通常モードで作動させ続けてください」と言われました。
というのも、建材などに水分が含まれているので、初めの内は結露しやすいんだそうです。
徐々に乾燥していくので、そうなれば、冬期はスイッチを切ってもいいそうです。
今の所、我が家では2年間、ずっと回しっぱなしです。
まあ、換気は必要ですしね。
ちなみに、吸気口も開けっ放しにしてますけど、閉じることも出来ます。
花粉の季節にどうしてもつらければ、閉じてもいいですよ、と言われましたが、今の所は、こちらも開けっ放しです。
一応、フィルターも付いてますしね。

ところで、すこしはこの24時間換気がされいることを感じるのですが、決定的に感じた場面がありました。

4日午前4時前に直線で1kmくらい東で火災が発生したんですね。
隣町で、以前住んでいた町内で。
住所だと「○○市△△町××」ってある場合の最後の××が違うくらいで。
そう言うのを“字(あざ)”って言うんでしょうけど、その字単位でも今住んでいるところも以前住んでいた所も隣になるので、かなり近いんです。
とは言え、直線1kmあるせいか、隣の町内だからか、防災無線でのお知らせはなかったですが。
その時間に目が覚めた私は、消防車のサイレンが、それなりに近い所で鳴っているのが分かったんですけど、多分、見えるほど近くもないだろうし、影響もないだろうから、そのまま横になっていたんですが、風向きがその火災現場の方が風上だったようで、ウチの方に煙が流れてきていたみたいなんです。
だから、吸気口から煙を含んだ空気が入ってきていて、さすがに臭いでわかりましてね。
今、花粉シーズンだから、空気清浄機は欠かせないんですけど、それから1時間半くらい、空気清浄機は反応し続けてましたよ。
換気システムが動いてて、常に室内の空気を吸い出しているので、当然、その分、吸気口から外気が入ってきているのは分かっているんですが、あまり実感することがないので、ホント、換気しているんだなって思いましたけど、その分、やはり花粉も入ってきていそうだなぁと思った次第でして。
まあ、吸気口にはフィルターが付いているから、そんなに大量には入ってこないでしょうけど。

ちなみに、その火災の方は、民家だったそうで、ローカルのニュースでも現場映像付き取り上げられていたんですが、その画像からして、以前住んでいた時にゴミを出しに行っていたゴミ集積場の目と鼻の先ぐらいのお宅だったようで、残念ながら、御主人と思われる男性が亡くなったそうです。
消防に通報した方が気が付いたときには多分、かなり火が回っていたんでしょうね。
全焼だったそうです。
まだまだ乾燥しますし、寒い日の続くようですし、さらに風も強かったりしますから、火の取り扱いには気を付けないといけないですね。
ウチの母がよく言ってました。
泥棒は全部は持っていかないけど、火事は全てを無くし、近所にも迷惑をかける、と。
火の元だけじゃなく、電化製品も多いですけど、漏電とか、コンセントにたまりがちな埃とか、ホント、危険な要素になりそうなものがたくさんありますしね。
気を付けよう、気を付けよう。
 

日当たり良好だけど

  • 2013.05.08 Wednesday
  • 11:51
家を建てる時に、土地から探した我が家。
まず、エリアを設定しますよね。
私は、二か所、考えてみたのね。
一つは、夫の会社の近く。
もう一つは、最寄り駅の近く。
この二か所は、徒歩で30分〜40分離れています。
当たり前だけど、駅に近いところの方が地価は高いよね。
ま、都市部の比じゃないけど。
駅に近いと、やっぱり電車で出かける時に便利だし、どこかで飲んで帰ってきても運転しなくていいからってのがあるわけよ。
でも、そんなの年に何回あるのかって話で。
で、我が家では、車を1台だけ保有することにしたかったのね。
維持費も掛かるし。
でも、買い物に行くにしても、やっぱり車がないとちょっと不便なんで、夫には車通勤してもらう訳にはいかなくてさ。
駅近も、候補にしていた駅は、夫の会社の社バス送迎のある駅だったんで、時間さえ合わせれば問題もなかったのよね。
でも、やっぱり高くてさ。
駅東が区画整理で土地が結構出てたんで、探すのに苦労はないんだけど、どうしても価格がね。
時々、そこの駅近の公共駐車場に車を停めて、電車に乗るんだけど、1日1回500円な訳、駐車場代が。
それをもし、月1で利用したとして、年に6000円で、10年で60000円。
ガソリン代を加えても、土地代の差額より少ない訳なんで、駅近はやめました。

夫の会社まで徒歩圏内で、候補に挙がったところが3か所で。
その内の1つは、他のところに600万くらい高かったのね。
3つとも上物ありだったけど、その高いところだけは、その上物が築20年くらいだったのもあると思う。
ちなみに今はそこも売れちゃって、その家をリフォームくらいはしたかもしれないけど、そのままで住んでいるようです。
残りの2つは、ほぼ同じ価格。
ちょっと迷ったんだけど、今のところにした理由は、やっぱり会社がより近かったことと、価格を下げてもらえたことかな。
あとね、もう一方の方が、日当たりはすっごく良かったのね。
今住んでいるところも、南側に家があったりする割には結構いいんだけど、そちらは南側に遮るような物がなかったので、すっごく日が当たるのよ。
理由が、墓地だから。
まあ、墓地でも気にならないんだけど、その土地を見に行った時に、線香の香りがしてさ。
お彼岸になると、墓地の線香のにおいが、窓を開けていたら家の中に入ってきちゃうのが気になってね。
それでやめました。
あと、そこは学校のすぐ横だったんだけど、風が強いと校庭の土ぼこりがすごそうなのも気になりましたね。
家の中、ざらざらになるもんね。
と言う訳で、今のところになったんだけど、まあ、住宅地だし、静かなのでいいですよ。
日当たりも悪くないしね。
旗竿の土地って、出入りがちょっと面倒かもしれないけど、家の前を人や車が通ることがないのでいいですね。
まあまあってとこかな。
しかし、東側が思った以上に日当たりが良すぎて、夏は朝から東側の窓辺はめちゃめちゃ暑いですけど。

ああ、そろそろ、日差し対策も考えないといけないわね。

夢の家

  • 2013.05.03 Friday
  • 09:48
こういうタイトルの番組があるでしょ、英語だけど。
先日もやってましたね。
この手の番組にまるっきり興味のなかった夫が、自分も家を建てたからから、なんか結構、食いついてましたよ。

今回は結構、現実的な価格の家でしたね。
価格はね。
最近は見てなかったんだけど、以前この番組で見た家で、いいとは思ったんだけど、ものすごい金額で、リアルじゃないなぁって思った家もありました。
家だけでね。
土地代も出るけど、それを差し引いて、です。

私、1軒目のお宅しか見てなかったんですけど、まあ、木造であの値段ならいいんじゃないかと。
米杉でしたっけか、外壁だけなく内装でも使って、大量購入でコストダウンしているんだろうな、とか、価格を抑える工夫をいろいろとしてくださったんでしょうね。

で、2軒目はなんか独創的な家だったそうで。
いや〜、私には無理です。
話に聞いただけだけど、絶対に住めませんわ。

ところで、2軒目はもろ、でしたけど、1軒目のお宅も、かなり大きな開口を取って高台という立地を活かした眺めにもこだわった家でした。
そこでちょっと考える、窓ということ。

開口を大きく取れば、もちろん、解放感はありますし、眺望のいい立地なら、尚更のことでしょう。
でも、昨今の気密性の高い住宅で、冷暖房効率を下げたり、暑さ寒さに大きな影響を与えているのは、窓なんですよね。
もちろん、ペアガラスを採用している家が多いと思いますけど、それでも、影響されないわけじゃないです。
近年、温暖化の影響か、夏は猛暑になることが多くなってきました。
なので、南向きの窓を大きく取らないということもあると聞いたことがあります。
明かりとり的な窓なら、小さくして、高さや幅を変えたり、東向きに取るとかという提案もあるようです。
我が家は、はき出し窓が各階に1ヵ所しかなく、2階は軒が深く、1階はベランダ下なので、2回ほどではないけど、軒があるような感じになっていて、夏に直射日光が入りにくくなってます。

あと、その先日の番組を見ていて思ったのが、虫とか多そうだなって。
虫が嫌いでさぁ。
ウチの照明器具、全部、パナなんだけど、全部、ムシベール付き。
でも、ムシベールでも、まったく虫が寄ってこない訳じゃないからね。
昨夏に、部屋の照明を点けて、カーテンを閉めないでいたら、翌朝、窓の下枠のところに虫の死骸がいっぱいありましたよ。
やっぱりねぇ、明るいところに寄ってきちゃうんだよね、夜間は。

なんでも、2軒目のお宅、網戸もなかったとかって。
有り得ない・・・・・・。
絶対無理です、私には。

マイホームって、舞いあがっちゃうから、あれもこれもと目移りしやすいし、どうしても見てくれのいいものに目が行きがちなんだけど、機能性をちゃんと考えないと、見た目はいいのに、使い勝手の悪い家になっちゃうので、注意が必要です。
私みたいな掃除嫌いが、掃除しにくかったり、掃除が面倒な家に住んだら大変ですからね。
オプションもそうですけど、見た目にこだわっていいところと、見た目より機能重視のところと、ちゃんと区別しないととんでもないことになるので、冷静に落ち着いて検討しましょうね。

ところで余談だけど、真鶴だっけか、1軒目のお宅。
あの傾斜地に家を建てることに驚くより(以前にもそういう物件があったので)、あの傾斜地が宅地として認められていることの方が驚きましたよ。

内装(造作)

  • 2013.04.27 Saturday
  • 11:06
設備的な物は他は特にないので、造作とか作りつけの収納などの話。

リビング収納です。
その一。


普通ですね〜、いやはや。
あ、この収納の左の扉をご覧いただけると分かりますよね、引き戸だって。
ここが、2階のLDKの出入り口になります。
さて、将来的にホームエレベーターが付くと、この収納が無くなります。
つまり、それまでは収納として使えるようになっているので、細かな造作はなく、シンプルな収納になってます。
って言うか、ホームエレベーターのためのスペースって、このくらいの大きさなんだよ。
押入れ一つ分って感じよね。
しかし、ここの中には大量に物が入っているので、この収納が無くなると、かなり大変だと思ってます。
さて、この写真の右下隅にちょっと見きれている部分を別角度から見ると・・・


はい、小上がりの畳敷きスペースになってます。
これは移動不可です。
ちなみに、先ほどの収納は、この写真の左側ですね。
小上がりって言っても、ちょっと低めの椅子くらいの高さがあるんで、ソファー要らずです。
そしてもちろん・・・・・・


はい、収納付きです。
結構入るんですけど、案外、いっぱいで・・・・・・。
ホント、もっと物を減らさないといけないですね。
奥側は、床下収納みたいに上の畳とかを外して入れるようになっていて、手前側は引き出しタイプ。
引き出しの所には、CD&DVDがいっぱいでしてね。
実は・・・・・・


テレビラックを作ってもらったんですけど、この一番下のCD用収納スペースに入りきらなかったCDちゃん達が、畳下収納に回されちゃいましてね。
これはよろしくないと、今、こんなにいっぱいではヤバイんでないかと言うことになりまして、減らす予定です。
自分のは減らせるけど、夫のは、勝手に処分できないので、夫の協力がないと進みませんわ。
テレビラックは、ウチ、DVDレコーダーとかブルーレイレコーダーとかが複数台あるんで、ちょうどいいのが既製品では無くて、オーダーで作ってもらいました。
60インチくらいの大型テレビも乗るくらいにはなってます。


こちらは、ダイニングスペースです。
奥の棚になっているところが、私のPCスペースです。
ちょっとみて分かると思いますけど、コンセントがいっぱいあるでしょ。
一番上は、エアコン用ですけど、あとは、PCや周辺機器、ミニコンポとFAX付き電話と、コンセントが必要な物を置くためのスペースとして造作、作り付けで付けてもらったので、コンセントをいっぱい、用意しました。
一応、たこあしにならないようにですね。
ちょっと遠いんで分かりにくかと思いますけど、棚と棚の間の右端にコンセントが縦に並んでいて、上のコンセントの差し込み口のところが黒くなっているんですけど、このコンセントは、実は、200V用なんです。
太陽光で発電した電気は、200Vなので、通常は100Vに変換して使うんですが、非常用は200Vなんですね。
このコンセントに普通の一般的な電気製品のコンセントを差すと壊れますから、変圧器が必要になります。
海外で日本の家電製品やモバイルなんかを充電する時に、変圧器を使ったり、変圧器内臓の物を使ったりするのと同じことです。
我が家では、この非常用コンセントが2ヵ所あって、もう一つは冷蔵庫の所にあります。
このコンセントがここに一つあるのは、非常時に携帯を充電するのに、使いやすい場所ってことでして。
例えば、冷蔵庫の所にある非常用は、奥の壁でしかも上部にあります。
そんなところにあると、冷蔵庫はいいけど、携帯とか充電するには不便ですよね。
だから、手の届くところにも一つ、付けてもらいました。

ちなみに、テレビ周辺もコンセントが必要な機器がたくさんある我が家のために、たくさんのコンセントを付けてあります。
2口でアンテナ端子付きとか、3口コンセントとか。
今は無いけど、スカパーHDなんかだと、チューナーとかいるし、テレビをネットにつなぐと、ルーターとか必要になったりするんで、現状より余るくらいありますよ。
そのご家庭によっても違いますけど、先々の可能性も考えて、あまるくらいコンセントがある方が、いいかもしれませんね。
余って、使わないコンセントは、埃除けのキャップなんかもあるので、それでふさいでおけばいいですしね。
おかげで我が家では今のところ、コンセントが足らないってことだけは無いですよ。

秘密の・・・・・・

  • 2013.04.25 Thursday
  • 10:48
我が家の玄関扉を開けて正面に見えるのが、この壁。
いや、なんの変哲もない壁です。
ピクチャーレールが付いているだけですね。
ちなみにこのピクチャーレール。
天井と壁の境目に着く予定だったのを、床から2mのところに付けてもらいました。
手が届く高さの方が便利だし、このレール自体にちょっと引っ掛けることも出来るので。
今ここは、ちょっとしたディズニーギャラリーみたいなディスプレイをしてます。

ところで、この壁の向こう側は、納戸です。
この写真の左手にある和室からか、右手にある寝室からのどちらかから出ないと出入り出来ない納戸ですね。
まだ壁がない時だとこんな感じで。
この右手前の人物が立っているところが壁の裏側で、この写真の右手が玄関なので、1枚目の写真とは90度くらい違う角度、横から見ていることになります。
この人が立っている部分の床に正方形の床下材が見えると思いますけど、このスペースは今は納戸の一部ですけど、将来的には、ホームエレベーターを設置出来るように配線工事や躯体工事をしてあります。
赤茶の躯体の鉄骨も見えてますけど、これは、制震フレームで、外壁に沿った角とかに使われるんですが、ここがエレベーターホールになるので、ここに入ってます。

我が家は何度も言ってますけど、2階が生活空間です。
1階に2部屋と納戸があるので、仕切りや壁が多くなっていて、耐震的には多分、この方がいいんじゃないかと思われます。
しかも、このエレベーター用スペースは、家の中心部にあるので、これも耐震的にいい影響を与えているんじゃないかと思います。

ただ、生活空間が2階と言うことは、将来的に階段の上り下りが出来ないような事態になるととても不便です。
だから、その時のために、ホームエレベーターを設置できるようにしておきました。
万が一、車椅子生活になったら、必要になっちゃうんでね。

ちなみに、その万が一の車椅子生活も考慮して、我が家の建具は全て、引き戸です。
浴室は3枚引き戸だってご紹介しましたけど、トイレからそれぞれの部屋の扉、玄関ドアに至るまで、全てが引き戸です。
おかげで、ドアストッパーが要りません。
夏とか、いいですよ。
あと、意外と玄関の引き戸も便利です。
特に重い物を買ってきた時なんかは、ドアが邪魔にならないのでいいですよ。

まあ、こういう考え方は、そのお宅によって必要かどうか、変わってくると思います。
例えば、2世帯住宅を建てるのなら、親世帯の部分だけ、引き戸にするというのも一つの考え方です。
我が家の場合は、夫婦二人だし、先々の老後のことを考えて設計に意見を出しましたから、こうなりましたけどね。

我が家のトイレ

  • 2013.04.16 Tuesday
  • 10:22
昨日、トイレの話をしたので、我が家のトイレをお見せしましょう。
って、ところで念のために言っておくと、家の引き渡しから引越しまでの間に撮った写真しかお見せしてないので、まったく生活感がないのは当たり前の話で、さすがに今は、こんな空虚な感じじゃないですよ。

さて、トイレは、1階と2階の両方にあります。
何度も言ってますが、我が家は、LDKが2階なので、日常的な生活空間は2階ですよ〜。

その2階のトイレ。

トイレは、1&2階とも同じで、INAXです。
“サティス”ってシリーズになるみたいですが、ハウスメーカー専売商品みたいですね。
もちろん、TOTOとかPanaとか迷ったし、ショールームでもいろいろ見たけど、トイレで譲れなかったのは、「絶対にタンクレスにしたい」ってこと。
なにより、手入れがラクですからね。
あと、タンク付きって、タンクの中にカビが生えたりするんで、それがどうしても嫌だったんですよ。
しかも、タンクの中の掃除ってかなり大変だし。
節水に関しては、タンクレスでもかなり改良されているしね。
ただ、一番使うトイレ、つまり我が家では2階のトイレなんだけど、少なくとも一番使うトイレをタンクレスにしたいけど、2階に設置するとなると一つ、気になることがあってね。
それが、水圧。
そもそも、我が家は、キッチンだけじゃなく、お風呂も2階なんで、水圧はどうしても気になります。
どこかで水を使うと、他で出が悪くなるってのは嫌じゃないですか。
日常的にそういうストレスを感じたくない上に、トイレの場合、流れなかったら困りますよね。
それで、どうしようかといろいろとカタログとかも見ていたんですが、このINAXのサティスって、その低水圧を解消するためのブースターってのを後付けできるんですよ。
なので、万が一、使ってみて、水圧が低いとなれば、そのブースターをつければいいからってことで、INAXにしたんですよ。
あと、もう一つ。
いろいろ調べていた時に、どなたかのブログに行きついたんですが、一般売りされているサティスのシリーズと比べて、ほぼ中間レベルに当たる機能を備えている商品だと分かったので、それも考慮して、INAXにしました。

実は、トイレに限らず、家の設備に関しては、施主支給ってのがあるんですよ。
ハウスメーカーさんや工務店さんが扱う商品じゃなくて、自分でもっと安い商品を探して設置するってことなんですけどね。
これは、トラブルが起こる可能性もあるし、あと、商品は安く買えたけど、工事費が高くついたなんてこともあるので、気をつけなきゃいけないんです。
ウチの場合は、そういうのも面倒だったので、この施主支給ってのはほとんどやってないです。
手堅くやっておきました。

さて、1階のトイレ。

こっちの方が、ちょっと広いです。
壁のへこみのところに手洗いを付けました。
この下だけでもかなり収納できるので、2階と違って、壁付けの収納は付けませんでした。
ちなみに、写真だと分からないですけど、ペーパーホルダーは、1階が一連で2階は二連です。
二連はね、オプションなんだけど、やっぱりトイレは良く使うので、2階だけ二連にしました。

あと、どちらのトイレにも、一面だけ、アクセントクロスと言って、柄の壁紙を使ってます。
これだけでも結構、雰囲気が変わりますよ。

ところで、水圧に関してですけど、結局のところ、ブースターを付けることなく使えてます。
ただ、上水道の口径を、ウチの近所で一般的な13mmじゃなく、20mmにしました。
口径を広げると、基本料金が上がりますので、そこらへんも考慮してくださいね。
ウチは、上がるのは承知の上で、使い勝手を取りましたから。
でも、土地の事情で、20口径でないとダメなところもあるんだそうですね。
隣市はほとんど、20口径なんだそうです。

まあでも、生活してみて、やっぱり、手入れがラクってのがホント、良かったですよ。
もちろん、もっとお手入れラクラクなトイレってありますけど、その分、お高くなりますしね。
アラウーノなんて、結構、するもんね。
あ、そうそう。
TOTOさんとPanaさんのショールームに行った時、トイレに行ったんですけど、ちゃんと商品が実際のトイレに設置されていたので、“お試し”出来るっても良かったです。
トイレを見に、ショールームに行く時は、トイレに行ってみた方がいいですよ。
ただし、一番ハイグレードな商品ってこともありますので、惑わされないように。
音楽が流れるとか。
実際の生活には、音楽が流れなくても、まったく支障はありませんからね〜。


洗面所

  • 2013.04.14 Sunday
  • 10:46
増税前ってことで、建築業界は忙しいようです。
なので、あまり更新してなかった“自宅建築”ネタの更新頻度を上げようかなって。
参考になるかどうかわかりませんけど。

さて、今日は「洗面所」。
浴室は、INAXでしたけど、洗面所は、TOTOです。

ちょっとねぇ、洗面所は狭いんで、やっぱり吊り収納は必須ですね。
でも、棚板が固定で使いにくいんですよね。
100均グッズでアイデア収納と行きたいところですが、今のところはあまり手をつけてないです。
キッチン収納は、かなりやったんだけどね〜。

ところで、TOTOにしたのには、訳があります。
最大の理由がこのカラン。
カランって何ぞやって思うかもしれませんが、ザックリ言って蛇口です。

この写真で分かりますかねぇ。
蛇口の位置が上部にありますよね。
奥側の壁面部分に、蛇口も水栓のレバーも付いているので、周りに水が残ってカビなどの汚れが溜まるということがありません。
掃除のし易さを考えると、これはかなりいいですよ。
しかも、蛇口の位置が高いので、例えば、ペットボトルのような高さや深さのある容器に水を入れることもできます。
普通の洗面だと蛇口と洗面ボウルの高さがないので、厳しかったりしますよね。
まあ、このカランもそうですけど、シャワー栓なんで、ノズルを伸ばしてしまえば水を汲むことくらいできますけど、洗ったりするのが結構大変です。
洗面の蛇口が低いところにあるせいで結構困っていたのが、花瓶や加湿器の水タンクを洗うこと。
以前住んでたアパートでは、浴室のカランを使ってましたけど、イマドキの浴室ユニットって、カランの下に台(洗面器などを置くための)があったりして、高さがない場合が多いんですよ。
だから、我が家でも、このタイプのカランにしてなければ、キッチンか屋外のカランでしか、そう言うものを洗うことすら出来なかったですね。

で、TOTOさんにしてみると、このカランの付け方には、ちゃんと理由があるんです。

洗面下収納。
この引き出し、普通でしょ
変形じゃなく。
実は、配管が一番奥にあるので、配管が洗面下収納の邪魔にならないんです。
これが、TOTOさんの拘りなんですよ。
奥いっぱいにカランを付けることで配管も奥に出来て、洗面下の収納にも影響しないという。
ただ、一つ注意。
ウチの場合、この洗面台は、引き出しタイプにするとオプション仕様になるので、+αのお金が発生。
でも、普通の観音開きタイプにすれば、オプション料金が掛からなくても、何かしら収納用グッズを使わざるを得なかったと思うので、これでOKでしたね。
しかも、やっぱり使い勝手がいいんです、引き出し。
奥のデッドスペースが出来ないですしね。
奥まで物を入れても、出すのが大変だったりしますけど、引き出しなら問題ないですし。
ウチは夫婦二人の家庭なんで、この引き出しだけで、洗面用やバスタオルが収納出来ちゃいますよ。

他の洗面台の収納は、こんな感じで。

左の写真の引き出し部分はまあ、普通ですね。
右のポケットは、私のヘア関係の小物を入れてます。
ヘアクリップとかヘアバンドとか、ピンやゴムなど。
朝の洗顔でも使ったりするので、このポケット収納は重宝してます。

こちらは1階にある洗面。
同じTOTOさんの洗面台で、こちらが標準仕様ですね。
洗面下収納と、鏡のところの開き方が違うくらいですね。
こちらは別に鏡とか必要なかったんですけど、この鏡とか付けるともれなく照明も付いてくるので、そのために付けました。
ここ用の照明器具を削るためですね。
洗面所が2階にあるので、外で何かして手を洗いたい時用にあるようなモノですが、1階の水回りがトイレしかないってのも何かと不便かもしれないので設置しました。
だから、こちらにはさほどこだわりはなく標準仕様で十分ってことになりました。
この右手の部屋が寝室なので、この洗面で加湿器の水を入れてますよ。
そういう意味でも、1階にも洗面所を設置して良かったなって思います。
普通に1階に水回りがあるお宅だと、2階にも洗面を設置するってのと同じ感覚ですね。
我が家は、2階に水回りとLDKがあるんで。

どこにこだわるかは個人の自由ですし、価値観に沿ってこだわればいいと思いますけど、とにかく、洗面台とは言え、ちゃんとショールームで実物を見た方がいいですよ。
それだけは、絶対です。

浴室

  • 2013.03.30 Saturday
  • 12:23
このネタ、滞っていたわね。
ま、いいか。

さて、今回は我が家の浴室から〜。

3枚引き戸です。
浴室は、折れ戸が一般的ですけど、もし、浴室の洗い場で倒れたりすると、折れ戸だと開けられない可能性があると言われますよね。
なので、将来的なことを考えて、3枚引き戸にしました。
これ、引き渡しの時に分かった事実がありまして。
実はこの引き戸の敷居部分、取り外して洗えるんですね〜。
で、実際、それの便利なことと言ったら。
端から端まできれいになるし。
外した下の部分は、排水溝になっているので、扉側に掛かった水や湯が、洗面側まで漏れてくることもありませんよ。
ま、掃除のときはちょっと気をつけないと、床が濡れちゃいますが。

浴室内はこんな感じ。
INAX製です。
浴槽の下に水や湯が漏れにくい構造になっているので、カビが発生しにくいのと、標準で浴槽が人工大理石だったので、INAXにしました。
例えば、TOTOだと浴槽を人大にすると、オプションになるんだと。
ウチは、夫婦揃ってカラスの行水系なんで、長湯しません。
なので、ジェットバスとか、ミストサウナとか、余計な物は付けてません。
ついでに、アパートに浴室乾燥機が付いていたんだけど、あまり乾かないなぁと思ったので、それも要らないやってことで、普通の換気扇しか付いてません。
ウチの場合、要らないオプションは付けないのがモットーだったので、これで十分ですね。
シャワーもなんか、いろいろと選べたけど、標準のでいいやって感じで。
ちなみに、この写真だと分かりにくいかもしれないけど、シャワーやカランの栓は、タッチ栓ってやつで、丸い所を、押すだけで、水や湯を出したり止めたり出来ます。
丸いところがダイヤル式になっているので、それで水量の調整や温度の調整が出来ます。
それにしても、イマドキのお風呂って、浴槽用のカランがないのね、って思ったわ。
お風呂も自動給湯だもんね。

で、住んでみて。
壁はほとんどカビが生えないですね。
床はダメだけど。
赤かびって言うかが出ちゃうんだよね、やっぱり。
まあ、仕方ないかな。
しかし、つくづく思ったけど、浴室に窓があるって、換気を考えてもいいよね。

ということで、我が家の浴室でした。

1年点検

  • 2013.03.25 Monday
  • 12:10
マイホームが建って、1年が過ぎたので、1年点検がありました。
さすがに、1年ごときで早々、具合の悪いところなんてないもんで。
ただ、シャッターのボックス(シャッターが収納されている所)のサイドのところに、塗装時の養生とかの溶剤を拭きとった跡みたいなものが見た目で分かるくらいに残っていて、その部分を取り換えてくれるって言ってましたわ。
ま、細かいところだけどね。
あとは、徐々にクロス(壁とか天井とかの)が、縮んでくるそうなんだけど、その影響で、壁と天井の境目のコ―キングが割れてくるそうで、そこの補修をしてくれました。
今回は、こんなもんで。
シャッターボックスの方は、2週間後くらいにパーツを交換するんだけどね。
いや、なかなか大変です。

住み始めてからは、10ヶ月くらいですけどね。
サッシとか建具とかで、そう簡単に不具合が出ても困りますけど、一応、なんともなく。
ついでに、太陽光発電の方も点検がありまして、こちらも問題なく。
発電量もかなり優秀な方だそうですよ。
通算で6000kWh近く発電していますね。
そういや、売電でも、12月だけ1万円を切りましたけど、あとは1万円越えしているので、電気の売買で言うと、完全に黒字。
その黒字からガス・水道料金を引いても月によってはお釣りがくるくらいですかね。
ほとんどトントンなんですよ。
まあ、太陽光の場合、初期投資費用が掛かるので、そこから考えるとさすがに赤字ですけどね。
赤字って言うか、元を取ってないって言うか。

1年かぁ、そうだよなぁ。
なのに、なんとなくごちゃごちゃしているのは、やっぱり、私のぐーたらさが原因なんでしょうね。
ははっ。


我が家のキッチン

  • 2012.09.20 Thursday
  • 11:21
家の設備の話、その1です。
まあ、これからお家を建てたり、リフォームをされる方の参考になればってことで。

今回は、キッチン。

対面式のオープンキッチン。
我が家のキッチンは、YAMAHAです。
あ、写真は全部、引っ越し前に撮ったものなので、何もありません、念のため。
このキッチンの特徴は、継ぎ目がないことですね。
昨今は、このタイプが主流です。
素材は人造大理石。
シンク内の色は選べます。
黄色かグリーンか迷ったけど、グリーンで。
標準でシャワー栓が付いていますけど、予算に余裕があれば、いろいろ選べます。
ウチは、標準で。
ステンレスと違って、水音が静かです。
コンロは、あえてのガスコンロ。
でも、ガラストップでお手入れ簡単。
まあ、IHには負けるけど。
しかし、最近のガスコンロもタイマーが付いていたりして、なかなか便利ですよ。
で、これも標準。
大きさ(幅)は選べますけど、そんなに困ったことがなかったので、アパートとかで使われるような60cm幅ですね。
収納は、3分の2が、カウンター。
今はここに、スチームオーブンレンジとオーブントースターが載ってます。
ちゃんと置く位置を決めて設計をお願いしているので、レンジの方はちゃんとレンジ用のコンセントになってます。
我が家の場合、キッチンカウンターとこの収納で、食器も調理家電、調理器に保存容器、常温保存の食材などが全部、納まりました。
まあ、2人だけだし、そもそもあんまり食器も増やさないようにしていたので、あんまりないんですよね。
あとは、収納の仕方をちょっと工夫して、余計なスペースが出来ないようにしています。
ちなみに引き出しは、
こんな風に仕切りが付いているので、中の物がずれにくくていいですよ。
これも標準です。
しかも取り外し可なので、いらないところから外して、他の細かく仕切りたいところに付けることもできます。
下の段は全部、引き出しにしたので、米櫃の行き場がなくなったけど、やはり、奥に余分なスペースが出来ないし、棚だとどうしても、奥の物が取りだしにくくなるので、引き出しにして正解でした。
炊飯器などの湯気が出る家電を置くスペースの下は、言わずと知れた、ゴミ箱ちゃんたちのスペース。
まあ、これでなんとか、キッチンで出る可燃ごみと資源ごみは入ってますね。
夏場は飲み物が多くなるので、さすがに収納に入りきらなくなることもありますけど、一応、買い置きもここからあふれない程度に抑えています。

キッチンカウンターのダイニング側。
もちろん、収納。
ここの部分が高くなっている商品もありますが、今となれば、そっちの方が良かったかもと思わなくもないです。
その場合は、こちら側から見ると、引き出しが付くようです。
で、ここの収納は、料理本以外は、キッチンに関係のない物で、ほとんどリビング収納的に使ってますね。
薬とか、取説とか、カタログとか。
前述しましたけど、食器が元々そう多くは無かったので、初めから、ここに調理関係の物を入れる予定ではなかったんですよ。
この写真の右側手前にPCスペースがあるので、パソコン用ソフトとかもここに入ってます。

工務店とかハウスメーカーさんによって違う部分があるでしょうけど、大手のハウスメーカーさんは大体、設備は、数種類からの選択ですよね。
ウチの場合、キッチンでは、YAMAHAとサンウエーブ、永大産業からの選択でしたけど、私は最初からYAMAHAが良かったので、選択肢の中にあってよかったなと。
実は、妹もYAMAHAにしたかったそうなんですが、妹宅が契約したハウスメーカーさんでは取扱がなかったそうなんですよ。
なので、若干、YAMAHA風な感じで。

さて、キッチンにもいろいろとオプションはあります。
YAMAHAの場合、扉の素材だけでもいろいろありましたし。
楽器も作ってきたメーカーなので、鏡面仕上げってのがありまして、これは、グランドピアノの表面みたいな加工だそうで、これにすると、いわずもがな、お値段が・・・。
あと、ウチは扉に普通の取っ手を付けていますが、取っ手なしにも出来まして、これもオプション。
取っ手でもプッシュオープンでも、慣れでしょうし、取っ手があって出っ張っているから邪魔ってこともないですから、そこら辺は、美的感覚と金銭感覚とのご相談ってことですよ。
 
ウチは基本、こだわらないところにはお金をかけない=オプションを選ばない、ってことにしたので、普通の施主さんよりも、設備の見直し等で上がった予算額は、少なかったそうです。
担当の営業さんに、「ほとんどのお客様は、あまりに金額が上がるので驚かれます」と言われました。
それでも上がっちゃうんですけどね。
そこからウチの場合は、コストカッターよろしく、譲れないところのオプションの代わりに、標準でも要らないところをカットしていきましたもん。
だから、キッチンに限らず、いろいろな部分で、オプションになっても譲れないところと、余裕があったら付けたいオプションをきちんと分けておいた方がいいですよ。

私は、料理上手でもないし、料理好きでもないので、こんな感じで済みましたけど、キッチンにこだわる人は、これじゃ済まないんだろうな。

あ、分かっていると思いますけど、必ず、ショールームには行きましょうね。
これ、大事ですよ。


PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM