お願い

  • 2015.05.19 Tuesday
  • 10:45
2020年東京オリンピックのメイン会場になる予定の新国立競技場。
旧競技場の解体が終わったので、新しい競技場の話題が出てますよね。
ま、どうであれ、利用しやすい施設であってくれるといいなぁと思います。
旧競技場で一番最悪だったのは、トイレでしたけれど、それはもちろん、改善されるでしょうね。

その旧競技場でダメだったところで、切実って程じゃないけれども、ちゃんとやって欲しいなと思っているのが、座席の番号付け。
いやもちろん、番号はつくはずですが、その番号を分かりやすく付けてほしいんですよね。
旧競技場でこの番号付けのダメだったところは、実は同じ座席番号が有ったと言うところです。

座席の番号ってのは、競技場に限らず、コンサート会場として使われるホールなんかにも付いています。
そう言う場合は、列と番号になっていますよね。
10列8番とか。
大きなホールだと、それに2階とか3階とか付いたりしますが、基本はそんな感じ。
が、競技場や野球場のようにぐるっと座席がある所は、ブロック番号があったりします。
このブロック番号がくせ者でね。
例えば、3ブロック10列8番となっていると、当たり前ですが、1ブロックにも2ブロックにも10列8番があるので、間違えやすいんです。
しかも、階層と違って、同じフロアーにあるので、余計に間違えやすい。
旧国立競技場の場合、前段と後段ってのがあってね。
あれもかなりややこしいんですよね。
ま、大前提として、オリンピックで使用する競技場ですから、今度はさすがに、日本語表記に前段・後段なんて付けないでしょうけれど。

でねぇ、私、思うんですけれど、普通に列番号は前から順番につければいいんじゃないかと。
横の番号も単純にどこかを基準に時計回りとかでずっと続けて振ればいいんじゃないかと。
それで、ブロックじゃなくて、横の番号の何番から何番なら何番のゲートから入ると言うことをチケットに表示すればいいと思うし。
Aゲート10列8番ってなっていれば、Aゲートから入ると目的の座席に近いですよってことでね。
で、Bゲート10列8番なんて作らない。
Bゲート10列28番とかにしてさ。

あとね、私がちょいちょい行っている所で言うと、名古屋の瑞穂陸上競技場。
あそこの番号の付け方も問題があってね。
スタンド下のコンコースからスタンドに入ってくるゲートのおかげで、番号が飛ぶんですが、その飛んだ番号を空白にしないで続き番号にしているんですよ。
例えば、ソ列までそのゲートが掛かっているとして、そのソ列は、10番の次がゲートを挟んで11番になります。
ゲートが掛かっていないタ列10番の前の席は、ソ列10番。
ソ列11番の後ろは、タ列21番だったりするんですよ。
これのおかげで、ブロック内を右往左往する人がかなりいます。
前後の席番をそろえて欲しいんですよ、分かりにくいから。
瑞穂なんて、ゲートにスタッフがいるので、そのスタッフに席がどこかを聞いている人もいるんですが、所詮アルバイトのスタッフなので、座席表を見ても良く分からないスタッフがたまにいます。
まあね、方向音痴と同じで、こういうのを探せない人っていますからね。
ホント、分かりやすくしてほしいです。

そう言えば、トイレのことで思い出したことが一つ。
ワールドカップ用、またはそれ以降に建設されたスタジアムって、トイレの動線を一方通行にしているところがあるんですよ。
入口と出口を別にしていて。
というのも、サッカーの場合、ハーフタイムなんかだとトイレに並ぶ列が長くなりがちで、入る人と出る人の動線を一緒にすると動きにくいので。
それで、よく考えてあるなぁと思ったのが、ジェフ千葉がホームスタジアムにしている千葉県のフクダ電子アリーナ。
ここはね、トイレ内の通路が狭いんですよ。
女子トイレの場合ですが、個室がいっぱいになった時、個室を見通せる通路手前を先頭に待っている人が並びますよね。
そこから入口までの通路が狭いんです。
すれ違いにくいくらいにしてあるので、トイレを使用して出てきた人は、そっちに行こうとしても、「あっ」て思っちゃうわけ。
「あ、行けない」と思えば、ちょっと周りを見る訳よ。
そうすると反対側に出口通じる開口があるし、そちらに誘導するための矢印に気が付けば自然とそちらに誘導されるでしょ。
そうするとそこに洗面があって、またそこから個室がある方と逆に行けば出口に繋がっているんですよね。
ま、うろ覚えだけど確か、こんな感じで。
下手に通路の幅を取らない方が、ちゃんと一方通行の動線を守りやすいんですね。
ああいうのって、心理学的な要素があるんでしょう。
良く考えられているなぁと思いましたね。
2回くらいしか行ってないので、間違っていたらゴメンなさいってとこですが。
座席もね、コーナーに向かってカーブしているしね、見やすいんだよね、あそこって。
ただ、唯一、残念だなぁと思ったのが、スタンド裏のコンコースと施設外部を結ぶ階段。
帰りは人がいっぱいで、どこから階段が始まるのか分かりにくい上に、私が行った時はナイターだったので、そこに照明も無くて暗かったのね。
確か、照明は後から付けていたような気がしますが、階段じゃなくてスロープだったら良かったのにと思わなくもなかったです。
足元見えないのに、どこから階段が始まるか分からないって怖いなぁと。
2回目の時は、「ここから階段」って札を持ったスタッフがいたような気がしますが。
うん、これもうろ覚えなので間違っているかもしれません。
日産スタジアムはスロープと階段とありましたよね。
ちなみに、海外ですが、スペイン、レアルマドリードのホームスタジアム・サンティアゴベルナベウとオランダ、アヤックスのホームスタジアム・アムステルダムアレナは、退出用通路は、らせん状のスロープでした。
なので早いですよ、出るの。

ま、階段とかどうなっているのか分かりませんが、席番なんて、今からでもまだ十分検討する時間が有ると思うので、分かりやすくしてもらいたいなぁと願っています。




 

議論の余地あり

  • 2014.02.18 Tuesday
  • 10:36
オリンピック開催中になんですが、現時点で思っていることをちょっと。

フィギュアスケートの話なんですけどね。

今大会から団体ってのが出来たじゃない。
その善し悪しって言うかを、このオリンピック後に少しでもいいので議論してほしいかなって思います。

日本フィギュアスケート陣は、アルメニアって所をベースキャンプ地にしてまして、メダリストとなった羽生選手は、エキシビジョンもあるので、そちらに移動してトレーニングする予定だったそうですが、かなり疲労していることから、休養することにしたんだそうです。

まあ、疲れているのではないかと思ったんですけど、この報道で「やっぱりね」って思いましたね。

ロシア人のフィギュアコーチで振付師でもあるタチアナ・タラソワ氏が、男子シングルの結果を見て、「メダリストに該当する選手はいなかった。あんなに転倒が多いのはふさわしくない」と言うようなことをおっしゃったそうです。
これに関しては、羽生選手だけじゃなく、パトリック・チャン選手もその言葉の対象になると思いますが、団体のSPに出場している彼らの日程上の厳しさには、触れていないようなんです。
フィギュアの場合、世界選手権もそうですが、シーズンの終盤に日程が組まれているので、プログラムを徹底的に滑り込むことはできますけれど、シーズンの疲労の蓄積もあるので、そこらあたりの兼ね合いが難しいと思われます。
オリンピックが無ければ、2月は疲れを抜きながら調整できる時期でしょうが、ここにオリンピックと言う精神的にも最もタフな大会が入ることにより、その蓄積した疲労をいかにして軽減させるかと言うことに関して、どの陣営にとても悩ましく思っているんじゃないでしょうか。
また、団体に出場する国の選手と関係ない選手がいることによって、これがどう影響するのかと言う問題もあるでしょう。
本番の会場で滑ることが出来るからいいととらえるのか、より疲れがたまるし、調整も難しくなるからよくないととらえるのか。
こればかりは、個人差があるとはいえ、やってみないと分からないことかもしれませんが、男子シングルに関して言えば、後者の方が結果にも表れているのかもしれませんね。

という訳で、団体戦の意義と有無、日程的な問題は、議論すべきだと思いますね。
日程でなんとかなるような問題じゃなければ、団体戦を行う意味も問われますよ。
プルシェンコ選手だって、団体戦に出なくてもいい状況だったら、男子シングルに出場出来ていたかもしれないし。
腰痛の場合、疲労の蓄積が一番、良くないですもんね。

次のオリンピックに、今回と同じように何の修正も加えずにやるようなことにならないといいですけど。
見る方だって、素晴らしい演技を見たいに決まってますからね。

 

ソチオリンピック、始まるよ!

  • 2014.02.06 Thursday
  • 14:06
って、現地の関連施設工事関係者に言った方がいいでしょうかね。

今週に入って、選手団だけじゃなく、メディア関係者も続々と現地入りしてますけど、今日の中日スポーツに載っていた、現地入りしている記者さんのミニコラムの内容が凄かったわ。
ま、全く予想してなかった訳じゃないけど。

メディア関係者が宿泊するそのホテルも、突貫工事で建設されたようで、あちこちに不具合があるそうです。
その記者さんの部屋では、壁に固定するヘアドライヤーが使えないと。
なぜ使えないかと言うと、ドライヤーの電気コードが、コンセントの差込口まで届かないから。
他の記者さんたちに話を聞くと、ある部屋では、シャワーカーテンはあるのに、それのレールが無いとか。
え〜と、そのシャワーカーテンは、バスルームに畳んでおいてあるってことなのか。
また他の部屋では、バスタブはあるのに、栓がないとか。
寒いのに湯につかれないってことか。
バスタブのあるシャワーブースって感じね。
究極は、渡された鍵ではドアが開かない部屋ってのもあったとか。

そのメディア関係者用ホテルで、なんの問題も部屋に泊まれた方は、かなりのラッキーさんですね。
すごいわ。

ちょっと余談だけど、今年はサッカーもワールドカップが行われる年ですが、そちらでも同じような話が出てますよね。
う〜ん、これって、世界基準でしょうか。
いや、やっぱり国民性かな。
二極化しているのか、こういう感覚って。

まあ、事故とかないといいですね。
はい。。。


と言う訳で、開会式前から一部競技はスタートしますよ〜。


 

金メダルを獲ってほしかった人

  • 2012.08.10 Friday
  • 10:04
特にこれと言った理由は無いけど、サッカー女子“なでしこジャパン”の沢選手と、女子レスリングの吉田選手かな。
まあ、吉田選手は、かなり可能性が高いと思ってましたけどね。
しかし、奇しくも同じ日になっちゃいましたね。
沢選手は、個人競技じゃないので、彼女一人頑張ればなんとかなるものでもない訳ですが、なんとなく、なでしこが優勝して欲しいという気持ちよりも、沢選手に金メダルを首に掛けてもらいたいって気持ちが強かったです。
ホント、これといった明確な理由があるわけじゃなく、感覚というか、理由のないインスピレーション的な感情です。
吉田選手に関しても同じ。
別に理由があるわけじゃなく、なんとなく。
まあそれでも、彼女が55kg級で最強なのは事実なんで、獲れる可能性はかなり高かったと思いますよ。
伊調選手もそうだけど、3連覇ってすごいよね。
4年て、口で言うほど簡単じゃないもん。
年齢が重なって行けば、いろいろな迷いも出てくるから、過去の2大会よりも、いろいろな感情が入り混じった、重みのあるメダルになったでしょうね。

沢選手もこれで代表からは退きそうな話になっていますけど、吉田選手はどうでしょうね。
競技に捧げていたために出来なかった、ごく普通の女性が日常的に経験している生活をしてみたいようなことを話しているのを見ましたけど。

ロンドンオリンピックもあと少しで閉幕です。

同じ人間なのに・・・

  • 2012.08.02 Thursday
  • 15:35
オリンピックもたけなわです。
NHKのステラのオリンピックガイド誌を見ていたら、ホッケー女子で、世界ランク1位がオランダだと書いてあったのね。
ちなみに、日本のホッケー女子チームは、“さくらジャパン”という愛称なんだけど、世界ランク9位のさくらジャパンは、オランダと対戦した時は、2-3とかなり善戦していた。
しかし、スゴイね、あれ。
分かっててもすごいと思ったわ、あの体格差。
サッカー男子日本代表のGK・川島永嗣選手が、先のオフに『笑っていいとも』に出演してたけど、その時に、「オランダの女性は下手したら僕(身長185cm)より大きい人もいる」と話していましたけど、ホント、オランダとかドイツとかって、男性もそうだけど、女性も大きいんだよね。
なんだろうね。
人種の違いだけああも違うのかって感じだけど。
あと、多分、筋肉もつきやすいのかも。
日本の女子が、どれだけ鍛えても、あのがっちりした感じには、ならないもんね。
骨格の違いもあるのかもしれないけど。
ヨーロッパに行ってみて、やっぱり、オランダとドイツは、全体的に身長は高いなぁって思ったけど、イギリスはあんまり気にならなくて、スペインは、日本と変わらないか、結構、小柄な人が多いなって印象だったな。

ところで、妹に会った時に、オランダのホッケーについて聞いて見たところ、確かに、特に女子は盛んなんだそうな。
子供のサッカースクールの送迎で、中高生くらいの女子のホッケー選手によく遭遇したそうな。
すでに、かなり体格がいいらしい。
サッカー女子のなでしこジャパンも、そんな体格差に挑んでいるんだよな。
バレーボールとかさ。
日本、頑張ってるよね、ホント。

ロンドンオリンピック開幕直前

  • 2012.07.26 Thursday
  • 22:20
ま、女子サッカーは競技開始して、男子サッカーももうすぐ始まりますが。
そういや、日本人ってオリンピック大好きだよね。
ある人が、「サッカーもワールドカップよりもオリンピックの方を重視すればいいのに」って言ってた。
いやいや、これだけ参加チーム絞って、日程もキツキツにつめても、オリンピックの日程に入りきらないほどの競技人口があるのに、そこに押し込む必要ないでしょ。
通常の男子のワールドカップですら、各大陸予選だけで2年とか掛けてやっているのにさ。

さて。
オリンピックでひそかに楽しみってほどじゃないけど、意外に楽しんじゃうのが、実況担当アナウンサーのこと。
中継を多く担当するNHKのアナウンサーが多くなるけど、民放も各局が何人か出て、全員で担当割り振りするんですよね。
だから、民放のアナウンサーの声が、NHKで流れたりします。
この何とも言えない違和感が、オリンピックらしくて面白いと、いつもひそかに思ってます。

ところで、4年前の北京オリンピック。
その開会式をどこで見ていたか。
オランダ・アムステルダムの中華料理屋さん。
日本と時差1時間だっけ、北京。
それをヨーロッパでまっ昼間にみている不思議といったら。
ランチのためにそこのお店に行ったんだけど、オリンピックの開会式の映像を見ることが出来るとは思ってなかったし、気にもしてなかったんだよね。

そんなことを思い出したわ。
あと30分くらいで男子サッカー初戦のキックオフです。

だよなぁ

  • 2010.02.12 Friday
  • 22:36

いよいよ、バンクーバーオリンピックが開幕しますね。
サッカーネタ風で申し訳ないけど、フランスワールドカップの時の日本代表でもあった元名古屋グランパスの平野孝という選手がいるんですが、彼が今、所属しているのが、バンクーバー・ホワイトキャップスというチームなんですね。
今月の頭あたりにバンクーバーに戻ったようなんですが、彼のブログによると、バンクーバーは割と暖かいようでしたよ。
まあ、散々、あちこちのニュースで雪不足を伝えられてますから、御存じだと思います。

さて、そんなバンクーバーオリンピックですが、民放各局のキャスターのジャニ率の高いこと。
別にいいけど。
ジャニ好きだしさ、アタシ
っつーか、別に誰がキャスターやっているかで、見るチャンネル、決めないしなぁ。
で、嵐の櫻井さんは、開会式に行くと言っていたので、今日のミュージックステーションに嵐が出ると聞いて
間に合わないだろ〜よ。
って思ってたら、櫻井さんは出てませんでしたね。
だよな〜。
JALにしてもANAにしても、どうやら夕方から夜にしか、バンクーバーへの直行便がないようなので、多分、昨日、出国したんじゃないですかね。
今朝出演していた『はなまるマーケット』に関しては、金曜日はほぼ毎週、収録だそうですし。
しかし、連ドラやりながらって、大変だよなぁ。
すっごいスケジュール。
今朝のはなまるでは、現在の睡眠時間は、3時間くらいだって言ってましたけど、むしろ、海外に行った方が、他の仕事と掛け持つこともないし、むしろ寝れたりしてね。

バンクーバーとの時差は、日本時間の-17時間。
日本時間の午前に決勝種目が集中するのは、致し方なしですな。
専業主婦で毎日休みみたいなものだから、私的にはあんまり関係ないけど。
あとは、日本選手の活躍を祈るのみってとこかな。

マイナースポーツ

  • 2008.08.22 Friday
  • 20:30
オリンピックの残すところ2日ですかねぇ。
昨日、NHKで近代五種という競技でオリンピックに出場した日本人選手を取り上げていました。
近代五種という名の通り、5種目こなすんですが、その5種目と言うのが、射撃・フェンシング・水泳・ランニング・馬術なんだそうです。(詳細は、こちらで)
日本人では、オリンピックに出場したのは、16年ぶりなんだそうです。
自衛隊の村上佳宏選手。
大学までは競泳の選手だったそうです。
自衛隊ということは、射撃の練習には困らないのかもしれませんが、フェンシングとか馬術とかは、練習するのも大変そうですよね。
馬術は、障害飛越って馬に乗って障害を飛び越える競技ですが、乗る馬は、くじ引きなんだそうで、今回の近代五種でも、落馬が相次いだようです。
まあねぇ、馬と息を合わせてやるのが馬術ですから、自分の馬じゃない馬に乗ってやるってのも、難しいでしょうね。
しかし、ハードな競技ですね。
フェンシングといえば、太田選手が銀メダルを取りましたが、決勝に進出していなければ、生中継されない予定だったみたいです。
仕方がないことですが、日本人に人気のある競技、人気のある選手が出る競技、メダルが取れると思われる競技でないと、なかなか、生中継されないんですよね。

人気という点で注目されたのが、“オグシオ”こと、バドミントン女子ダブルスの小椋・塩田ペア。
結果は出ませんでしたけど、末綱・前田ペアの活躍でバドミントン女子ダブルスは注目されました。
ところで、バドミントンには日本から、男子ダブルスにも2組、あとシングルスに男女1人ずつ出場していたって知ってましたおや?(競技には混合ダブルスもあるけど日本人の出場はなし)
バドミントンは、卓球やテニスと違って、シングルスとダブルスを掛け持ちしないみたいです。
その男子シングルス日本代表だった佐藤翔治選手が、今週の“小栗旬のオールナイトニッポン”に出演していました。
中学の同級生なんだそうな。
佐藤選手はその頃から、バドミントン界では有望な選手だったようです。
そんな佐藤選手も、オグシオとかでバドミントンという競技が注目をされるのは、一応はうれしいけど、出来れば男子とか見ていただければ、みたいなお話をされていました。
まあ、活躍すれば、おのずと注目もされるでしょうが、なかなか難しいですね。
フェンシングは、3種目あるうちのフル−レの強化に力を入れたそうで、今回の太田選手の銀メダルは、その成果が出たのかもしれません。
この結果、協会自体の収入が増えれば、エペやサーブルの強化も出来ますし、競技人口の増加だって期待できるかもしれないんで、一応、成功だったのかもしれませんね。
オリンピックの種目でないスポーツを入れれば、マイナースポーツの数は、どれくらいあるんだか。
オリンピックの正式種目であるだけ、まだ注目を集められる可能性はあるんですね。


悲願!!

  • 2008.08.21 Thursday
  • 22:22
いっや〜、おめでとうです>ソフトボールチームのみなさん&関係者のみなさん拍手
アメリカに勝っての金メダルは、価値がありますね。
昨日の3位決定戦(って、普通と違って、負けたチームが3位になる決定戦)は、力んでいる感じだったけど、今日は、もっと落ち着いてプレーしている感じでしたよね。
それが良かったのかも。
しかし、上野選手はスゴイですワッ!
今日のスポーツ紙は、デイリーを除く全紙が、ソフトボール(上野選手の2試合完投)を1面に持ってきてましたけど、明日は、さすがのデイリーも1面に持ってくるおや?
って言うか、デイリーも1面にしなさいよワッ!
ちなみに、私は最初の方は見ていませんでした。
なでしこ、見てたからねぇ。。。
そのなでしこは・・・ポロリポロリポロリ

三度、挑戦!!

  • 2008.08.20 Wednesday
  • 21:44
北京オリンピック真っ最中ですが、開幕のときに日本にいなかったせいか、ブログネタとして取り上げていませんでしたね。
先ほどまで、ソフトボールの3位決定戦を見ていました。
いっや〜、長い試合でした。
試合が始まってから、食事を作り、食べ、片付け、入浴までしちゃいましたよ。
ところで、ソフトボールの中継を見ていると、イニングの合間に場内の音が聞こえてきます。
音楽がかかっているんですが、どうやら、これから攻撃するチームの国のヒット曲をかけているようです。
いつもいつも聞いているわけではないので、どんな曲がかかっているのかは、よくわかりませんが、3位決定戦となったオーストラリア戦では、mihimaruGTの『気分上場↑↑』と嵐の『Step and Go』には気が付きましたよ。
中国で日本語の歌詞が入ったヒット曲が流れているってなんか不思議。
そういや、嵐って上海でライブするんだよね。
そう考えると不思議じゃないか。

ところで、ソフトボールの方は、なんとか勝ったので、もう一度、アメリカに挑戦できることになりましたね。
今大会3回目の対戦。
今度こそ勝てるといいんですが・・・。


PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM