小学生時代の夏休み[プール編]

  • 2013.07.20 Saturday
  • 10:16
今日から大半の小中高は夏休みですね。
まあ、今日は土曜日なんで、通常の土日と変わりはないでしょうけどね。
西隣の小学生兄弟は、朝からめっちゃ、怒られてましたけどね。
ウチの甥っ子どもはどうだろう
まあ、お兄ちゃんはどうせ、部活なんだろうな。

さて、今はどうだか知らないし、学校ごとに違うのかもしれませんが、私の通っていた小学校は、夏休み中に何度か、プールに行かなくてはならなくてさ。
確か、通学団ごとに、日にちと時間が決まってたと思うわ。
上級生は、下級生を連れて行かなきゃいけないし。
授業と違って、自由なんで、楽しいですよ。

で、私は泳げなくてね。
9mしか泳げなかったの。
それが、3年生だったかの話でさ。
息継ぎができないから、9mが限界。
私って、運動全てにおいて、鈍臭かったのね
それで、スポーツは得意だったけど、唯一、泳ぎが苦手だった母に、市の水泳教室に入れられたの。
強制です。
1週間くらいだったかなぁ。
市民プールに通ったのよ。
ま、私の場合は、浮くことはできるし、バタ足で進むこともできたので、もっぱら、息継ぎですよ、課題はね。
それで最終日に、ちゃんと息継ぎをして11m泳げるようになったの。

ウチの学校って、水泳の級があってさ。
6級からだったと思うけど、何泳ぎで何mとか決まってて、3級からは、クロールで何m・平泳ぎで何m・潜水何m・逆飛び込み、なんて複数の課題があってね。
で、これがさ、合格すると、水泳帽に縫い付ける線をくれる訳。
白線1本から始まって、3本で4級。
3級からは黒線になるのよ。
ってことは、誰が何級か、一目瞭然。
う〜ん、なんて厳しい現実(笑)
それで、6級がバタ足で10mだったから、11m泳げたってことは、やっと白線がもらえる訳で、それだけでも、ちょっと嬉しかったですね。
水泳教室に通った成果が、例え2mでもね。

そして、クロールと息継ぎを覚えた私。
その夏休み中に、クロールで25m泳げるようになったのよ〜
なんて素晴らしい
最終的に、小学6年生で、クロールで50m、平泳ぎで100m以上(正確に計測してないけど300とかは超えてたと思う)、潜水15mはクリアしてたわ。
しかも、ちょっと平泳ぎは速かったし。

しかし、ここでまた課題が。
逆飛び込み、つまり普通の、背泳ぎ以外のスタートに使われているあの飛び込みができないのよ
お腹とか胸とか打つし、もう嫌って感じ。
そうしたら、運がいいのか悪いのか、夏休み前に市民プールで遊んでいた時に転んで、左足に2針縫う怪我をしたのね。
当然、水泳だった体育の授業は見学。
内心、「飛び込みの練習をしなくて済む」とほくそ笑んでいた私。
けれど、世の中そう、都合よく行かないのね〜。
市の水泳大会に平泳ぎで出ることになってしまって(どうしてそうなったのか未だに分からない)、夏休みに入って、飛び込みの特訓を受けることに・・・・・・
ま、おかげで、飛び込みもマスターし、中学高校と、水泳で困ることはなかったわ。
ちなみに、逆飛び込みをマスターしてから、胸やお腹を打ったこともなかったなぁ。

それにしても、こうして書いてみると、特に6年生の時の出来事って、なんかギャグみたいだわ。

夏休み、楽しんでください。



スポンサーサイト

  • 2017.11.24 Friday
  • 10:16
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM